今にして思うこと

もうやがて90になる父、心臓バイパス手術のあとはさすがに、
すごい老けたなあと思ったけれど。
送り返した母のアルバム「受けとったよ」と話す父は
私と居るときはいつもどこか上の空で寡黙な感じだった昔とは随分違っている。
今は電話でも、帰省したときも良く喋る。

全くボケた感じもなく(笑)免許証を返納しようかと思ってるとか。
判断が適切だ、でも、田舎は車がないと大変だから、と困っていた。
「迎えに行く」という言葉も無視して
これが最後とばかり高速道路使って新築を見に来てくれた。
途中車で合流したが運転に支障無く適切な判断でスムーズ走行してた。

家に着く、2階にはようやっとで階段登って、周辺付近の風景を観て。
あとの懐かしの場所は県庁転勤で住んだ事のある健軍方面、市内見物、
車で連れていくと懐かしがっていた。

その数日後、電話で近況報告、少しの母との記憶回顧、
もう尋ねる機会もそう残っていまい、いつも遠慮して尋ね損ねていた。
少し太っているくらいで若いと思う父。
どんな時も畳に座る。
優しい父親だったというのは間違いないのだろう。世間的には

負けると焼酎を飲ますと言う球磨拳も強かった。
そんなようで酒もタバコも凄かった。
さすがに晩年はドクターストップ。
だから酒も(好きだけど弱い)タバコもしない(やめた)主人を良いと思ったのだろう。
後にそれはそれはえらいこっちゃになるのだったが、
父は一緒に飲めない主人を物足りなく思っている(いた)(笑)

日曜大工で(あ、うんの呼吸)を身につけたり、釣りのお供も、
水溜まりで溺れる等を(笑)計3回程。姉大笑い。なんでこんな浅いところで、と。

私にはどこか父に対して(古い人間の持つしきたりや習わしからの姉妹差別)
距離が有って冷たいイメージがあったものだったが、
今は違う、
自分も人並みに一通りの挨拶は(気遣い)はできるように
なったようで。


また、市教委の不祥事
父親から虐待を受けていた子供の必死の助け舟になる為の、
秘密裏の(子供からの)手紙がこともあろうか父親に公開された。
その道の職員なら百人中百人が絶対にしてはいけない手紙の開示。
父親が読んだならば不愉快さからの怒り、
余計に子供に辛く当たるに決まっている。

職員は稀に見る不可解な言動で迫り来る面倒な父親に辟易し、
早く職務遂行し、お役ゴメンを図ったか。
市教委以前の問題、生徒の立場に立った考え方ができないとか?
父親と対処にあたった市教委は本当に資格が有るのか?
今回の件で逆上した父親によって死に至るまでになったのは明白で、
暴力が倍増したのだろうし、市教委がどれだけ
少女に手をかけることなく暴力に荷担したかわかっているのだろうか。



歌わないかと心配そうな顔。揃えた後ろ足の指がなんかふざけている(笑)
キリンジを高い声で歌うと側に飛んできてすごいスリスリ、
ぺろぺろ肌を相手に毛繕いは痛い、何でだろう、もう笑って歌えない。
SIRUPのループって曲も好き、ホンダのCM曲もノリが良くて。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード