わかって読んでなかった「地球へ」


ダンボールから取り出した本、一箱分のうちからピックアップ。
まだまだ荷造りを解いていない本がすごいから2階に読書部屋でも設けようかと
地球(テラ)へを読み直してみた。
これは大人の漫画。
今の(年齢もあるのかな)精神性で読むと号泣、どころではなかった。
胸に迫る、胸が苦しくなるほどの、、
今、まさに地球はこんな状態に陥りそうな、場面に有る。
このまま行ったらこの世界観と似たような状況になる。
本当に預言書のような漫画。

ラストが凄かった、この選択肢、確かに今の人間達がしそう。
これは、漫画愛読者の話題性があった後に、
TVアニメになったのだがポピュラーに放映されたところで
この漫画そのもののイメージ通り作られていたのだろうか。
難しい小説クラスの漫画
TVアニメは、あまり印象に残ってない、
この漫画が凄すぎるから表しきれてないような、、
そして今の気分的にも、何故この本にたどり着いたのかとか、
心も霞んでた地震以前のあの地では感じ取れなかった。
今住んでる目の前の地の道路をよく未来化して想像してしまう、田舎なのに(笑)
前に読んだとき、これをよくわかって読んでいたら
痛く心傷ついていたろうとも思えるのだが。
ラストシーン、魂、回帰、、感涙
また泣きすぎ。



有吉佐和子を取り寄せる勢いで読みまくった名残。
女性心理という部分ではこの方が随一な、と思う、個人意見ですが。
男性作家がいくら逆立ちしても、女性の複雑怪奇な(笑)
心理や女の世界は想像の域を出てない。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード