母といつも理容室に


中身と鏡の一致しない日々、しかしそのように
形作られていく、しかも合わせるように。
くせっ毛だったのでいつもショートヘア
肩幅がしっかりしてるのと顔つきとでシャツとか着ただけなのに
カッコつけてるとか言われたり。着るものも選びが大変
エレガントを着たら女装風に見えるし、だから絶対に着ない。

母の毎度の「ハイカラ」というオーダーでカットされ、仕上げに
革でナイフを磨ぐ、泡をシャカシャカ泡立て首筋を剃られる
くすぐったがって、危ないのにくずおれるように悶絶す、、拷問だ。
懐かしき記憶      
まぶしがりやなものでいつもこんな顔に 、険しくなる。                              
カットは                             
母の自転車の後ろに乗って行った。
二回ほど車輪に足を挟んで自転車の急激な1時停止(笑)
車輪周りの変型
しばらく足の甲が腫れて、靴履くのが難儀に。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード