父がソラで話した昔話

誰が作者かわからないがわたしが幼い頃父がよくしてくれた昔話。
なので原作があるならかなり違う設定、描写、粗筋と思う。
抑揚と間が大事な。

昔ある田舎にお百姓さんの若い夫婦と中型の白色の犬とが住んでいた。
(放し飼いは昔の喉かな時代には普通にしていた)ことで、
お昼までの間、生まれた赤ん坊を縁側の座布団に寝かせたまま
ちょっと離れた畑まで「シロ赤ん坊を任せたよ」
と言い、シロは賢い犬なので若夫婦は安心して畑に出かけた。

しばらくして若夫婦が畑から帰ってくると縁側に寝かせていたはずの赤ん坊がどこにもいない
よく見やるとそこかしこに血がてんてんと落ちて


若夫婦はどこを探してもいない赤ん坊に
シロを呼んだ、シロの口にも身体にも血が、、

シロの血を見てどうやらシロがしたことと思い至って「よくもかわいい赤ん坊を、、」
と棒キレで「この憎っくきシロめ」と叩きのめし、
挙げ句シロはいつ死んでもおかしくないくらい息も絶え絶えとなった。

しばらくしてなんと
赤ん坊の泣き声が縁の下から聞こえて来るではないか
赤ん坊は野犬に狙われた、
シロはそれに応戦、戦う前とっさに赤ん坊を縁側の奥まった所の縁の下
(昔の家は縁の下はかなり狭いが外から入れた)に隠しておいたのだ。
赤ん坊は安心しきってすやすや寝ていた、様子で。

シロについた血は野犬相手に戦っての血糊だったのだ、
守って疲れ果て挙げ句、飼い主に叩きのめされ
消え行く命の前に
若夫婦は涙を流してシロに謝った、何と言っても、もう遅いのだが。

というお話。

こんな感じのお話子供のころこれ聞くと今と違って泣くと言うより
その夫婦の勘違いに腹を立てたものだった、よくせがんで話してもらった昔話
父は臨場感あふれる様子で台詞の部分はかなりシロを罵るような
芝居がかった話を空で(何も見ず暗記して)してくれた。

今だと書きながら泣いてしまう。
スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード