感謝無くなど生きられない


強い意志を持った信念の目つきのにゃさん。
「絶対にご飯が欲しいのにゃ」 「さっき食べたけどにゃ」

川崎市の犯人が殺害した惨劇現場を人々が見て
犯人は犯人の目論みを果たせたわけで「これが俺の怒りの矛先から得た
自分の満足行く結末」、と犯人が犯行前に思ったところで自分を正当化する
もしくは同じ境遇にいるものからの賛同を得る、にしても犠牲になった人に
全身全霊で依存した格好になっている。

日本人は戦後の日本を普段から叩き込まれてばかりいることを
続に言う「自虐史観」それ誰が言うの?教えてるの?
戦後直後なら米だったでしょ、進行形なら中国よ、韓国、北朝鮮。
戦前の日本と、日本人を書いてる文献を海外からの訪日した人々がたくさん残している。

日本の浮世絵が海外にたくさん渡ってしまっている絵のように、
子供でも立ち居振る舞い美しくそのように育てられていた(勿論全てがじゃない)
日本の今はなき原風景や独特の民族文化
始めてみる外国人には独特な文化が確かに滑稽に映るとか、
日本人がいかに親切で愛すべき人々で礼儀正しく美しく、綺麗好き。
陽気で大人であろうとゲーム好き(今も同じ(笑))
(独楽、凧揚げ、羽根付き)空から響き来る羽音になにかしらと驚く外国人。
今の日本の風景とは異なるほどの美しい風景を大事にし
そしてまた人としては他人にどれほど親切だったか、
物作りへの圧倒的緻密さ芸術性
芸術品や風景に魅了され、ここに住みつづけたいと思わせるほどの賛美
動物(馬)牛を食さないなぜなら「家族」だから、ここでも
「忘れられた人類学者」の内容と合致する。
大袈裟なくらいの賛美、日本人の私でもその時代に
タイムスリップしたくなるほどの賛美。
日本に訪れたことのある様々な著名な外国人の文献が多く残っている。

「逝きし世の面影」 この本って今からざっと150年くらい前徳川(期)後半とある。
世界各国、欧米等参考文献 後書きにずらっとあるのだけれど
一体著者はどれだけ日本について書かれた本を(英文)読んでいるのかと、唖然とする上に
日本について述べられた文言をさらに時系列に取り扱い
やれチェンバレンのオール・コックの、
エドウィン・アーノルド(日本を美の国妖精の国と賛美した)のと、列挙するには多過ぎる人々
発言はそのご時世なら多分に
正しいとか大袈裟だとか偏見からのとかその地域性とか分析がすごい。
だから今となっては日本の外国人から見て不可思議な所も隠さず書かれている。
自分の周りに何十冊と本を取り巻かせつ、紐解きつつ
大連生まれではあるものの暮らした日本であるから客観性は大事で、すり合わせしつつ書かれた本。
難しい漢字も読み取りも少々難儀したが私以外の読書家なら面白く読めるでしょう。
挿絵も美しい、「当時の原風景、これなんですね!って感じ」
宗教論、日本人のユーモア、
著者渡辺京二
著者は元々日本生まれではなく大連の生まれであると後書きに有った
日本の湿っぽい気候等に
些か嫌な感想も有ったのだそう、著者も参照されたたくさんの訪日外国人と同じ異邦人
としての目で書かれているとある、参照された訪日外国人と著者との二重奏みたいな
絡みのというと変だけれど分析結果、読物として調和して読める。
全く日本について知らない訪日外国人の日本についての感想と
冷静な客観視された著者の分析的読物として他者の目になって読むのも面白いと思った。
ただのど素人の読書感想文ですが。

ここから
上記の文と関連は無く、一番最初の文の続き、前後しましたが
日本人は敗戦後急に
冷酷無比の人々に成り下がったわけではないし、戦中戦後の日本人の慈悲心から来る
涙あふれるような、敵味方構わず手を指し述べて助けた話などもごまんとある。
映像でも残っているし。
中、韓、北朝鮮等の多国籍軍マスコミの作った、日本をどう陥れようかとか
どうむしり取るか、大目に見ていれば容赦がない。
躍起になってる史実に基づかない番組やNHK朝ドラ等に洗脳され
金輪際日本人の古き良き時代などなかったと印象付けたいだけの
日本に対して感謝のない国の、中国、韓国、北朝鮮の(本来なら平伏すべき人々)
口車に乗って腐り切って弱り切ってしまっている。
今後日本の印象の直しから子供達の育成のやり直しやら
大事な時期の日本と思う。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード