親がしてくれていたこと


なぜかまた纏まってる記事、ピックアップが何故それなのかというのと
前のblog名にこだわるクローラー?
子供時代、人生お初なことは不思議に思うことばかりで
日々積み重ねていたようだったけれど
ある程度人生に馴れが生じるとそんな疑問も少なくなってきて、
というか考えても答が出ないから。
幼稚園とかで生まれて始めてにすることがなぜか出来てしまうとか、
方法(動作)を知ってるとか不思議だったのだけれど
親は、たいていのことは「大人になれば解る」だったが
一番衝撃受けた真実みたいなものを私は抱え切れずに親に尋ねた。
(私が)あんまりな時には、親は相当に返答に頑張った(笑)

まず女の子であるということの証明である月からの贈り物の衝撃(笑)
これを聞いたときは人生の先行きに少なからず疑心暗鬼になってしまった。
何故って、まだ大人たちは衝撃的事実を隠していないかと思って。

結局のところそれがお産だったから。洒落にならない。

日本はフランスみたいに無痛分娩が主流ではないから、
これは聞いた衝撃を緩和するための常套句「案ずるより産むが易し」だなんて
(少なくとも私にとって)何の慰めにもなってない←結果論、、
多いに騙された感のある
女性の営みと思った。
たいていの人は周囲の手厚い擁護で確かに案ずるより産むが易しは
正解なのだろうとはおもう、
お産、
あれは励まし等が絶大な応援になるから。

この二段階の衝撃の大きさ足るや男性と比べてもどれだけの差がある?
男性なんて、何か苦しみみたいのあるの?
愉しいばかりの、身体的悩みが殆どない(笑)だから馬鹿げた犯罪ばかり起こす。

若いときの衝撃がこの二つ
最近まだあるんじゃないでしょうね、と訝しんでいる(笑)

お産は母親を亡くしてからのことだったので
当日の不安を取り除く力にはならなかったけれど
病気に臆病過ぎた小学生のころ母に取り除いてもらった不安は数知れず。
すぐ調子が悪いととんでもない重病な病名で思い悩む私、病死が怖かった。
今思えばお笑い草の。調べたらヒポコンデリーとか
母は、きっぱり否定するように「有り得ない」のだと、言ったから。
母独自の信念の思いがそう言わせるのだろう、それがどの病に対してもなのだから。
しかも未来に渡って、ないと言う理由も述べつつ、信じてしまう子供信者(笑)
私を救う「有り得ない」という言葉。たとえ今ではその言葉が眉唾ものでも。
その当時の(特に)母親は子にとって、絶対だから。
不安なんて木っ端みじんになった。
今では思う、人はなんらかの病気でもって死を迎えるから
自然なんだと。
そしておかげで素人ながらも医学好きに。
医学書読んではお腹が痛くなる(笑)

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード