年輪



レトロさ似合う、梅雨入りして一安心

G20世界各国なるだけ足並み揃えばいい
説得し倒すくらいに「押す形」で、京都議定書再び、にならないよう。

またまたタピオカの話
このまま大量消費すればやがて足りなくなって偽タピオカが出回る危険性も。
すでに、ローション成分、
オムツの高分子ポリマー成分(笑)
古タイヤ成分❓入りの固めの(笑)タピオカが有るそうで。
芋を丸めたじゃなく、有害な科学物質丸めた丸(毒)薬
以前の段ボール入りハンバーグ(挽き肉)の域まで来てる。もっとひどい。
お金が関わると人の創造力とはたくましいもので、
そこに至るまでの思考回路よ。
腸閉塞起こす危険性も有るらしいから、
完全におぞましくて絶対に要らない(笑)
何でこうも食べ物から逸脱して非食品ジャンルに発想が飛ぶのだろうか。
世界を潤すならもっと知的で綺麗であってほしい。

仙道敦子さんサザエさんみたいな髪型。
結婚して女優辞められたとき残念に思ったものでした。
大物感有って。

全然話は変わって
子供のころは足触りにとても神経質
なにせ倹約家の母は破れた靴下に当て布して繕う。
厚みが有るから内側からのゴロつく感じが気持ち悪くて変な歩き方に(笑)
でも靴下は履かないと素足の直で床を歩くのが絶対に無理だった。
おかげで年中靴下履かないといけなくて、この年になって(どの年?)
靴下で守ってた足と手の違いたるや、まあ自分で言うのもなんだが足が綺麗なこと。
血管は浮いてるけど手と比べて色が全然違う、
肌の質感も、シミは両方無いものの。
手の平はこれでもかというくらいしわしわで(笑)手の甲も細かくしわしわ
成人してからでも手袋し続ける毎日だったらどんだけ手が守られただろうか
悔やまれる

一旦読み出したら最後まで、
でもナリ・ポドリフスキイ「猫の町」を読み終えるのに難儀している。
主人公の熱に浮かされた幻想のような世界と目まぐるしい状況変化、
想像がついて行かないから
描写しながら読むことも出来ない、絵画で紙芝居のようにしたら入ってくるかも、
めまぐるしすぎてまず描けない(笑)
しかもピカソ?ドラクロワかに描いて頂かないと
読みつつさすがに幻想のようなものなので全く先の予想が着かず、
猫もさしてかわいらしく扱われていないもので雑念を払いつつ読んでいる、
知力←(無い!断言)と集中力のいる本。
旧ソ連の頃、、今でも?暮らしながら国を抽象的に表すとこんな感じなのかも。
やっと読了
なるほど奥が深い、
事実、猫は人をペストとかから救ったのに、本では悪役に転じてる。
可愛がる生き物でないと話が繋がらないから。
猫ではなくて「ねずみ」では当たりまえすぎるし。
人間の危うく陥りそうなファシズムと倫理観と秩序を失った精神世界
そこから出られない。
思想から何から洗脳されたみたいに、自ら自主的にそうなって行くから怖い。

今の時点で読み返して意味がわからない記事部分は消した。
自分も相当に不思議を体験してるけど「自分起きてる?」って聞きたいくらい。

声がよく出てる2006年の、楽しそう。
こんなに成長しつつ感じの変わる人も珍しいような
変わることを恐れる人たちが多い中で
MTVずっと観てたけど宇多田ヒカルさんの歌手としての変遷が凄い
鍛えられていてかっこいいし綺麗だし、かわいいし、全部有るなんて。
GoodbyeHappinssなんかPVもどちらもとっても良い、名曲と。
後半なんか歌い方に気迫こもって感じた。やっぱり凄い人だと思う。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード