ここでも主役



炊き出しではありません(笑)
ズッキーニ入りのみそ汁、何でもそうだけど切り方が味噌、、
また前回のと関係ない。

「果糖中毒」
この本にミトコンドリアが主役のように登場して来た。
ミトコンドリア便秘、とかいろいろな形容詞が、ふんず○りの意(笑)
なにせ細胞少器官、
現代の食生活で処理能力を超えて消耗しているらしい。

ミトコンドリアが分解できないトランス脂肪酸。
ミトコンドリアが元気になることがすべての病気に関わっているようで
それが食事、悪いのは果糖、あくまでも過剰摂取だけれど
食物繊維(不溶性、水溶性)が両方を食前に(果物はとても良い) 
果物などはジュースにしないほうがよいのだとか。
「太る」を取るか、食したことによる「○なら」を取るか(笑)だそう。出そう❓

ゲノム編集がすごく誤解されてる。
個人的には危険な遺伝子組み換え作物がこれにより減るのじゃないかと期待
してるくらい。
遺伝子の悪い部分を切り取ったりするのは最近の医療分野では普通に
(考え)行われてる、自然界にある微量放射能とかでも突然変異はあるし、
環境に合わせて突然に変異する。
植物や人間も。
例えば、環境汚染とかで大陸の陸地が減りだしたら、
かなりの未来には飛ぶために羽が生えてきたりとか、泳ぐためヒレが生えてきたりとか
普通❓なんだろうから(笑)
だけどこれは酵素を使うものだったり
むやみやたらに突然変異を行うことだけは戒める、特に倫理的に人に対して
誰がするか、も問題があると。取り替えの効く不摂生したい放題の人間に
利用されたら冒涜にも程が有る。
問題があるとするならそういう人の行為の問題だと思ってる。これが厄介。
今の私の個人的意見だけれど、情報加算で変移する。

ゲノム編集は人類誕生をその起源から調べる材料にもなるわけだし
将来ガンになるかもしれないリスク持ったガン遺伝子を前もって治療したり
人間の情報、予言書解読がゲノム編集の分野、すごく幅広い。

多少の見解の相違には
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード