自分の中のシンクロニシティ

遅ればせながら萩尾望都さんの「なのはな」を読んだ。
ちょうど2日前
遅ればせながらなのにタイムリーになったのが、
ちょうど(萩尾望都、文化功労者に選出)との記事で
この作品が紹介してあったから。
いや、本当に持ってて良かった萩尾望都、だ(笑)
文化的作品に漫画の強みが出ていてやはりすごいとしか
言いようがない、絵の感じは
「トーマの心臓」「ポーの一族」の頃のほうが好みだけれど
今まで長きに渡って読んできて
内容がだんだん、と言うよりどんどん社会的、心理学的、
哲学的だと思うようになって考えさせられる作品が多いのだ。
確かに「半神」も良かったが「なのはな」ではプルトニウムやらウランが
(男女)に擬人化されて描かれていて
美しいのだ、魅せられるのだ、だが甚だ危険な存在となっている。
確かに事実なのだけれど。
文学が漫画で現されるのが好きではないと、思っていたけれど、これは
逆に絵が秀逸、絵画的に手伝ってとても説得力を持って読め、
しかも問題点を絞り込んで読めるから解りやすいと思った。
迷い始めた人類の悲喜劇。
放射性物質の良い側面と悪い側面のこと、
悪い罪深さをシーソーで表すなら地につくほどなのだけれど。
そして福島のおばあちゃんのはなしも、サロメの話も、どちらも悲哀に満ちていて。
解決策は別としても、疑問やら矛盾などが浮き彫りになって
リアルになっているから
問題提起としても、文学的にも広く世界中で読まれたら良いなと思った。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード