言わせない空気

桜を見る会?「桜を見るかい?」どっちでもいいけど
以前、前鳩山首相も結構楽しげに会を催されていたけど、
アレは良いの?


娘が購入するものをほぼ「コレだ」と決めて家電店に行ったら
私が使用して納得の末選ばない家電を
熱心に勧めてくる店員、いわゆる押し売りを始めてきた、
図々しさが未だ(笑)な娘は
断れずにオロオロ、助け舟を出すも店員の話に多少グラグラ(笑)
しまいには説明長くてイライラ
心で(もうここでは買わない)強く決心、そんなお客の心理も読めなきゃ
お店の損益でしかない。

目先の利益より客の心掴んだほうが商売はうまく行くだろうに。

萩尾望都の作品、最近のだと読んでないのが結構ある
「トーマの心臓」改めて読み直し。
今居る人間界よりレベルの高い憧れの世界観。
この漫画にあまり男同士の恋愛の意識がないままでいて
登場人物像を「男性」の括りで見ると違う気がする、
中性的というか、今の人間界に居ない感じ。
だから未だ完全には読めていない竹宮恵子の「風と木の詩」等
(購入し辛い(笑)昔、週間少コミで読んでた、、懐かしい)
この二人の漫画家の漫画だけジャンル的に区分している。
芸術的で知的で崇高なものに憧れるから。

話変わって、思いつくまま、いつものことだが
以前の住まいから移り住んでみて
その頃が不健康であったことに初めて気が付いたのだけれど
とにかく主人と居るとまともなこと
(人としてどうあるべきか、楽しいとは何なのか)
わからなくなるし、あまりに人間離れしている生活(笑)
不満を言うと俺のほうがすごいと言う、確かに!
 だからトラブるのだし。
それを競いたくはないし。

ああ今、世間の空気はうまいと思う(笑)
個室により個人として独立出来て。

今のほうが気が若い(笑)見た目と違って気だけは若くなったような。
でも確かに40代くらいからだんだんと楽になって来たし。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード