賛否両論な場合じゃない

映画Girl
を観た。
ネタバレ注意、あらすじ
トランスジェンダー(性の不一致)の「ララ」身体は男だけれど外面は女性的
バレリーナになることを夢見ていて先では医療にて肉体的にも女性になることを希望している。
いまのところホルモン剤(錠剤)を飲むにとどまっている。
そのうちに様々な葛藤があって、、衝撃の展開となるのだけれど
この作品シスジェンダー(性が一致している)の人が役を演じるにあたって
激しい賛否両論を招いたのだとか、年齢的に?もあるのだろうか

私など余命幾ばくもない難病を
健康な人がひどい作りのドラマ等で、演じているのを見ると
間近に迫る死を見つめる者の気持ちを
本当に理解して演じることなどできるわけが無いのにと
この方がずっと不謹慎、と思ってきたとのとどこが違うのだろう。
こちらはこのほうが余程割り切って観ると言う準備が要ったし。
下手な三文芝居など本当に不謹慎と、、
でも、そこまでこだわれば病気の人の映画など作れないけど。

ただ本当に役者さんが女性かと思わせるくらいに
仕草振る舞い表情がとても洗練されていて美しかった。
ケイト・ブランシェットを思い出させるくらいな大人な優雅さ落ち着きと迫力も。
最初の映画の出だし、夫婦かと思ったくらい(笑)
もとい、だからこういう表に出る所作等に
男女の性差は無いと説得力さえ感じた。

ただ男性のキャスト陣、かわいい男の子にはなんの不満もないが
父親の娘(ララ)に対しての対処がまるで、先に書いたみたいに
話し合いもとことん、触れ合いもどこか恋人同士のように真剣極まりなく(笑)
違和感は感じた。外国って(息子)娘への接し方こんななのかな
それに対して仲間でありライバルである女性陣はあまり情緒的には描かれておらず
嫉妬心、意地悪、無邪気さくらいしか感じ取れなかった。
なんか女性に対して悪意すら。
映画自体はセリフは少なめで、ほぼ内面をひたすら演じるので
相当に演技力がいると思うが、本物のバレエに精通した
オーディションから選ばれての初の演技とは思えないくらい
情緒の現しかたが上手く、ドキュメンタリーかというくらい
迫真の演技だし葛藤の中に居る人と言う感じひしひしと伝わってきた。。
バレエシューズを脱ぐとき
着替える等の、所作の美しさと、そこから発せられる
色々な物音に聞き入るようにも観れた映画だった。一部耳を塞いだが、

主人公は若く、まだ人を好きになったことがないという
なりたいもののほうが先に決まったと言うことか?
もしも女性の体を手に入れたあと性の不一致を感じたりしないものかと
私が思うのは身体的な不自然から来る健康面の不一致のこと。
心で「早まるな、落ち着いて」と、二転三転がないものかと
え、ここで終わるの?とさえ思った映画だった。

環境、ホルモンの作用、まだ成長の途中、
どうなるかは本人でさえわからないのにと
身体にメスを入れることと性を選ぶことはもう少し後にならないとわからないようにも思う。
なりたいもののせいで性急過ぎはしないかと。
待てよ?あのとき確信したのか?、、
少し先を読みすぎていたので困った自体になるのかと、
勝手にストーリーを捏造しながら観ていた(笑)


雑感
最近は不思議が常態化して麻痺状態。偶然の多発
良いことに結びつけばいいのに。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード