好天に恵まれたい

自分たちが重い腰を上げるきっかけはそうせざるを得ない
やむを得ない障害(災害、災難等)で
そういう重い腰を叩かれてからようやく動く国民性
喉元過ぎて忘れやすいからそこも懸念するところ。
気を緩めるのが早すぎる。

いずれには9月始まりの新年度、検討するくらいは言ってほしい。
世界でタイミング合わせて意気投合なんて永遠に出来ない。

何にも変わらないのが激変するのは天災だから
きっと、天の采配。

感情的になってたら正しい分析なんて出来ない。
最近SFチックなことが浮かんでうるさい
でも未来から想像したらSFでも何でもないのかも。

自由と規律の共存する社会の実現。
一見出来なさそうで出来そう、
ある程度の規律がないと後々不自由になるのだから。

未来では自己の得意分野を強化するカリキュラムが組まれ
人によってはへんてこに思えるゲームも楽しめて
体感型ゲーム←研究目的兼。
何で希少性で淘汰されないか
個性の充実のため、と人体実験(笑)結構自由。
メカニカルな未来になるのじゃないかなと、妄想がすごい。

思想も認識もかなり進歩した。←ここがかなりはしょられているが
弱者も、いじめも、過去のものとなった
それは生身の人間の血と涙の戦いの末の未来思考。


そう思うと日本は統計、経験、心理学を詰め込んだ人工知能補助の未来を
構築すべきで、この世の創造主のほんの一部であろうと
人類の創意の結集、共通認識。←ちょっと前まではAI反対論者が(笑)
やっとネット注文が出来るようになった今頃。
お子らはもっぱらネット注文で。

一時期膨らみかけた人工知能からしたら
浅知恵極まりない一党独裁国家中国の失態の数々。。
天の采配からすれば
赤子の手をひねるように簡単なこと、
今まさにその最中じわじわと。

政治による一時の盛り上がりで冷遇された派遣社員
ハケンの品格はそれを
孤高のヒロインの世間への逆襲みたいに
仕立てたドラマと思って胸がすいたものだったのだ。

コロナ前もコロナ後も私にはあまり変わりがない。
プロフィール

CHAMOKO

Author:CHAMOKO
196○年
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード