聖火リレー

フランス人が叫んでいる。「チベットに人権を!!」
他国の人が殴られてまでも他国民の人権のために抗議する姿。
鼻血が出ても口が切れてでもそれでもやめようともしない。
日本人の消極的な態度とは正反対。
人質を罵って見殺しにしかけたり、してみたり。

そんなエネルギー無くなってしまったのか萎えてしまって自分の(国)ことで精いっぱい。
日本と中国は以前から微妙な関係にあるのだから仕方がないのかもしれない。
ああいった行動が最善なことだとは思わないけれど。
あの姿を見てすごい違和感を感じてしまった。
やはり萎えた日本国民としての自分を意識してしまうからだと思う。
他人のために、「情けは人の為ならず」
抗議している国民それが本当の健康で健全な思想。
もう、もはや理解に苦しむようでは終わり。
あの人たちの考えをインタビューして、「当然じゃないか」と言われたらショックだろう。
あの行為を全部是認しているわけではない。
(確固とした自分なりの思想が有るということに感動する)
そういう自分だって言うだけでおしまいだろうけれど。

日本の対応はいつもゴマすり状態、世界中の活動家達もジャーナリストも
いったいどうしてしまったのか。
他力本願、でも他力が少数過ぎて。

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして。!チベット問題の日本の不明瞭な態度にはあきれます。他国はみな反対の表示をしています。選手も。日本は事なかれ主義で嫌いですなー。

コメント有難うございます記事読ませていただいております。今後の日本の行く末が気になる今日この頃、私も何かせねばと思いながらも気合だけで終わっております。

中国主席は断固自国の領土問題で、他国の干渉には耳を貸さぬと明言しました。そんな独裁国家とは付き合わなくとも良いように思います。
しかし中国とも仲良くしなければならないわけなので、民主国家になってもらいたいと思います。

国民性というものがあるので中国と言う国は外からの圧力を受けて困った事態にならないと変わって行かない気がします。だから日本はどこかの国よ頑張れと思っている気がします。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード