人間は不安定な生き物だから

人の考え方の癖がその人の人格を形成する。
きっかけがないとずっと変わらない。
この頃の犯罪、意味不明で理解できないのにもうすぐ裁判員制度までが待ち構えている。
にわか裁判員で務まるだろうか?
犯罪心理学とか知らなくてもいいの?
裁判の判決で、その人の人生を大きく変えてしまう。
その後もずっと引きずりそうな気がする。
(自分の判断が、間違ってたんじゃないのかと悔みそう)
アメリカの例を見た時はよい制度と思ったんだけれど、
時々一般人と弁護士の慣れ過ぎた裁判が判決を変に覆したりしてびっくり。

今回の裁判だって弁護士の荒唐無稽な弁護は少年の更生に役立ったの?
弁護はその子の刑を軽くはしても、それが本人の為になるわけじゃない。

日本も当然アメリカの後をついて行く
国民性が違うから同じにはならないと思うけど。

誰だって完璧で良い両親だとは言えない部分がある。
自分自身さえよく理解できていないのに。
配偶者の血が混ざってはなおのことわからない。
子育てだって成功だったのか失敗だったのかは、
せめてその子が成人するまでは親に責任がある。
子の悪は親に…その親にも親がいて…

辿り辿って悪因の所在を明らかにするなんてタイムマシンでも無ければ出来ない相談。
そう考えていったら人に対して腹も立たないのかな?
子供の頃そんな考え方してた。腹を立てない子だった。
面倒だったのかも知れないが。
でも生きれば生きるほど自分も少しずつ変わる。
「正義感で生きよう」とか「普通な(悪い態度も含め)対処が出来ない」事とかが
異端扱いされるから「みんないっしょ色」に染まろうとする。

コメントの投稿

非公開コメント

裁判員制度は、日本人にはどうでしょうか?私は、無理な気がするのですが。他国と違い、裁判の歴史が全然違うので、混乱が起きそうです。選ばれた人は大変な苦労と、苦悩を感じる事でしょう。

コメントいつも有り難うございます。制度のこと調べて(自分で調べなさいという政府の態度もひどい)見て驚きました問題点がいっぱい。これらを全部無視して実行するのかと思うとやっぱり告知が足りてないと思いました。本村さんのような客観的な判断が出来る人が何人いることか。アメリカでも問題が出ているようですね。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード