労働環境

娘が、就職年代となっていろんな同年代の就労条件が耳に入って来るように。
ある職場では、毎日仕事終わりが夜11時とか。
事務で入っているのに営業の体験もさせたり。
向いてないとわかってるから避けてるわけでしょう?
飛び込み営業なんて、こちら(在宅サイド)としては招かざる客なわけです。
不快発言で退散させようとして来る人もいるでしょうよ。
玄関先まで呼び出しくらってめんどくさいから。
そうすると新人さんはかなり傷つくわけですよ。
でも家にいる在宅者サイドから言わせてもらうと
「何でド素人が営業に来るわけ?看板掲げてる以上営業のプロよこして下さい、売る気無いでしょ?」と思うわけです。
なんとしても断りたい側としては、新人さんでも困るわけでは無い。
かえって御しやすいですからね(笑)

そう考えると会社のしてることは、な~んのメリットも無いデメリットだらけの社員教育って気がします。
有能な新人殺し(苦手分野で評価を下げますから)でも有ります。
娘の残業手当なしの仕事終わり午後9時なんてまだ、マシだった方。
就職できて「ホッ」としても、実の中身と言えばどこも存続危機の真っただ中。
条件の悪さなんて酷いところい~っぱい有るようです。

社員に過酷さを増して生産性を上げようなんて愚の骨頂。
この時勢、就業条件整えてあげてる会社の方が発展してる。

我慢して会社にへばりつく「のどから手が出るほど就職したい側」に、
雇用側はますます付け込んで過酷を強いる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本道も、老舗の店舗がつぎ次と閉店しています。失業率が、6%になる勢いです。
不況のため首切りが多く、(リストラという名の元で)完全に会社側の言いなりです。人権もあるものではありません。
営業は、最初は、育てるために仕方がないと思いますが。
エリートも最初は、営業から入るようです。
トヨタも膨大な資産を持っているのに、リストラをしています。
資産を使っても労働者を守るべきと思いますねー。
妙な、社会になりました。

そうなんですか、どちらもたいへんなんですね。

おとなしい女の子に営業は可哀そうだなと思いました。
胃痛や心労で倒れる子、仕事場の環境不良で入院を余儀なくされる子
もう就職してはや1カ月余りでそう言う状況に有る何人かの話を聞きました。
いずれも女の子なんですから過酷極まりないです。
声をあげない事を良い事に労基に触れてる会社の多い事多い事、
新人だとますます言えないようですし。
困ったものですね。

この就職の問題。実は学校教育の問題とも関係してます。

学校側は、対外的な評価を気にしています。
ので、事前に「あの企業は、ヒドイ」とわかってても、学生を止めることはありません。

就職率100パーセントの実績!!(でも離職率70%)とかです。
生徒の将来なんか、考えてないです。

一通りの業務を経験するのは、経営の全体像を大まかにとらえるには有効です。

ただ、その中に、ノルマ、ノルマはないけど「自主目標」、ノルマ・自主目標はないけど製品を自腹で買わせる、などが大問題です。

眼鏡屋の店員の眼鏡。PC会社員のPC。車屋店員の車。
自主?購買です。

ボーナスがあっても、見た目の成績のために、自主的に買わせたり。
新聞屋さんも、小売店にたくさん新聞を買わせたりしてました。

日本では、義務教育でちゃんとした労働法規を学びません。
ですので、どれだけ搾取されても、「このぐらい、いいか」みたいな人もいます。

「休憩なし、昼食は移動時に各自で食べ、労災なし、週残業30時間?ひどすぎる!!」
(残業代なし、手取り12万円ぐらいだったと思います。)
「いや、こんぐらい大丈夫っすから」
とか。。
日本で労働福祉に携わってた時は、本当に参ってしまいました。
労働者自体が、労働法規への理解が不足してたり、
日本特有の「法律で解決することへの抵抗感」で、泣き寝入りもたくさんです。
(福祉は基本的に、本人の自己決定を優先しますので、本人がその気がないと、動けない場合がたくさんあります。)

労働法規が、スピード違反よりも、徹底されてません。

労組が古い社員の給料を守るために、全体の人件費削減して、
派遣やバイトを低賃金で雇うとか、もあります。

ちなみに、不得意なことをさせるのは、
「苦手なことに音を上げて逃げ出すのなら、これから先、困難に立ち向かえないだろう」
といった試験的な部分があります。

私から見ると、「なんて非効率的なことしてるんだろう」なんですが
度胸だなんだと、精神論を振りかざす、化石脳な方もたくさんいます。
「オレたちはこのぐらいのことしてきたんだよ」
という、自分たちの体験ばかりを一般化して、
他者に的確な指導をすることを放棄した上司がたくさんいます。

職場から雇用者から社員に至るまで色々な問題山積のようですね。

今回今の雇用状況やらは不況の影響も有って職場での環境が
私の頃より進歩するどころかますます悪化しているようで愕然とします。
マネジメントや経営学とか経営者側がもっと学んでくれないと働く側は
社長の独断やら偏見でやり方を試されたのでは困ります。
これでは、社員は試験用モルモット扱いです。

椅子撤廃問題などは一例から能率的に良かったからとやらされているようですが、
個人差だってあるでしょうに。
社員を初めから「社員たるもの健康体であれ」と言うふるいにかけられたみたいで
偏見に満ちた感じを受けました。
こんな会社が他にも有ったらとても勤まりませんキャーnonです。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード