人に裁判にかけて弾劾する人

ちょっと騒いでる最近のわがブログ。
リンク先の大切なブログ仲間の方々、
(きっかけがつかめずいつかはコメント書こうと書きそびれてる
ブログ閲覧のみでとどまってしまっています)訪問してくださるブロガーの方々へも
心配とご迷惑をかけてしまいました。
ごめんなさいです

悪意のある内容のコメントを書いた人はどうも有名なスパムコメンテーターだったようです。
ブログも持っているようです。当然FC2ではありません。
FC2でしたら強制退会でしょう。
突きとめてみました。(名前付き)アクセス解析のアドレスも残っています。
下品なタイプの2ちゃん?
スパムはエロが主流なので即消していましたが

社会的内容でしたのでつい読んで反応してしまいました。
こう言う人がいるとは知っていましたがまさか関わることが有るなんて。
悪い事に縁が有るのは自分の行いに有ると考えます。
反省。

確かに書いた社会記事はいろんな立場の人が読むと考えるともっと慎重に書くべきでした。
スパム記事のわりには同意見部分も有る記事でしたのに。
わざわざ敵を作りたいタイプの人みたいです。
会話の成立しようのない相手です。著しくマナーを欠いています。
最後のくだり他人への人格批判、感情むき出しのイタチの最後○○。
弁護団を擁護していましたが効果的な反論と言うより…逆効果です。
記事内容に対して反論者を言葉の暴力で葬りかねない内容です。
屈辱に奮い立つタイプなのでこれも逆効果のようでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ネットの上で物事を発信するというのは
気軽に考えてしまいますがどんな人が見ているか解らない
と言うところで、単純な日記や雑記とは一段違うんでしょうね。

つい、いつもの人たちを意識してしまいますが
いろんな言葉、フレーズの検索で不特定多数の人が
訪れていることを忘れてしまいガチです。

考えすぎても、自由度が無くなって楽しくも無いですから
そうなると続けていく意味も無くなってしまうしねぇ。

chaころさんも、意見を述べるなら反論もあるだろうと覚悟して
いるのでしょうから、ある程度曖昧な段階での発言も良いのではないかと
思います。

同意もあれば反論もあり、考え違いしていたことに気がつけば
なるほどと言うことになるわけで

怖いのは、不特定多数はどんな人がいるか解らないってことですよね。

以前、別なサイトで鬱に悩む人のためのページを持っていたのですが
その中の躁鬱病の人が今でも躁状態の時に色々いちゃもんをつけてきます。
鬱の時はブログを見に来ているようです。

ネットはいろんな人と出会える良い道具ですが
良いと言うことはその分だけ負の部分も含んでいることも
忘れちゃいけないんですね。

最近仕事モードが強くて文章書いてなかったから
頭の中整理できませーん 
簡潔にまとまらないのでダラダラ書いちゃいましたw

コメント遅くなって済みません。
閲覧者の事は考えて書いていたつもりでしたが、反対意見の人の配慮まではしてませんでした。
記事を良く読んでくださってる方はきっと「ええーっ?それ賛成なのーっ!とかそんなのが面白いのー?とか」意外な反応を書くから今イチわからないタイプの記事を書いてると思われてる気がするんです。だから長くから読んでてくださる方には大体把握できるタイプと思うんですよ(笑)飛び込みさんには「何書いてんだー」ってな感じなんでしょうね。だって違った(見方とか考え方)意見書かない記事だったら何にも変わらないし面白くないと思うんですよね。そこをころころ変えたら説得力も無くなるし、それが許せないんだったらコメントの資格は無いと思います。視点がどこだかわからないですが「本当に困ってる人は助けたい」そこは共通点だったと思いましたが…
その人もわかってるんだと思うんですけどきっと気がたってしまったんでしょう。
マナーが良くなったらネットのイメージも良くなると思うんです。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード