アメリカの映画

またまたアメリカ映画の話
アメリカの映画にはパターンが有るものが多い。
腹立たしくて仕方のない悪者を正義がぶっ飛ばすとか。
「クラッシュ」差別反対キャンペーン用試写を延々見てる感じで。
厳しい。
自由を銃と引き換えにエゴイストを育ててる国。
そんな感想。
本当に単純な基軸で出来てる気がする。後はどう肉付けするか。
日本は戦争敗戦国だから劣等感で
ただやたらスケールが大きいのであこがれる気持ちが並み大抵じゃないみたいだけれど
たいしたことはないの。(言い聞かせてる)
アメリカは本当にスケールだけなの。

悲しいかな日本にいてもアメリカ人を目の前にすると
何とはなしに萎縮したうえに英語で話そうとする。
英語なんて知らなくてもどうにかこうにか絞り出した英単語。
敗戦国の消えざる性(さが)DNA。

わたし?ぜ~んぜんむしろ瞳孔閉じっぱ。強がり?
でも最近「ごめんなさいお先に」って意味でエクスキューズミーって言ってた(笑)
ここは日本なのじゃ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード