女郎蜘蛛と虫歯

田舎のクモはデカイ、住むには覚悟がいる。
私はクモが苦手、特に女郎蜘蛛。
黄色と黒のしましまの危険な色。
そして田舎によく出るでっかいクモ。
名前は知らない。(調べたくもない)

でっかいクモ、あのクモのたまご見たこと有る?
まんまるで白い1円玉(?)サイズくらい。丁度ドールハウスのお人形の薄めのクッションみたい。
(何にたとえとるんじゃ)
まさに「クモの子を散らす」のことわざ通りを目にしたことが。
物置にかかっているカーテンからクモの子がいっーぱい
放射状にほそーいクモの糸を伝って降って来る。
クモの子、小さい5ミリくらい。えーっかわいいんですけど。
大人はキモいくらいデカイということを今ごろ思い出す
私は
「散るなー――!」と叫ぶ。

あんなたくさんが大きくなって?不思議と年に1匹?(匹でいいの?)くらいしか出ない。
夏の夜が絶叫の夜になる。母は頑なにクモを殺すなと言うし。
音もなく出現、いつの間にか見上げた壁に居るという。

あァ―もう気色悪い。(音をたてても嫌だーっ!)

子どもの頃虫歯になった。
これは穴あいちゃってるから神経までいってる。
痛くて仕方がない、、もう遅いから明日にでも歯医者に行こう。

でもなんだか気が紛れない。

痛みで家の中うろうろし始める。
しまいには家の中じゃ間に合わなくなって外へ。庭をうろうろ。
庭を1周とか。
何やってんだ?そう言えば張っていた女郎蜘蛛の巣。
私はそこを頭でかすめたみたい。
見事に女郎蜘蛛が頭に乗っかってる?様な気がする

ところが私、歯が痛すぎてそれどころじゃない。
ぱっと腹立たしげにクモを払いのけて、(手にぼてっとした感触)
うろうろの邪魔をしないで! とばかりに片頬を押さえ、うろうろを続行。
歯の治療後ほとぼりが冷めてから、あのクモの悪夢の感触を思い出す、ボテッとした
ゾワっ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード