グラディウスのモアイ

スーファミの話。
子供が小さい頃セーラームーンの格闘技系のゲームを教育上良くないという理由で
(女の子同士殴るは蹴るは痛ましすぎる、今思えばちょっと滑稽かも)を欲しがるのを、
頑なに拒否し続けたというのに、どうも自分がスッキリしたいがため、
唯一シューティング系のゲーム、グラディウスを購入。(発売後何年か経ってからですのであしからず)
何せ戦いの舞台は宇宙なんだから、大丈夫。と勝手に折り合いをつけ。
はじめは入り口付近をウロウロ、すぐにゲームオーバー。
ところがだんだん上手くなってきて、戦闘機もグレードアップ。
ついにはモアイステージまで。
モアイの口のあたりを戦闘機で連射しまくると、ボシャッとモアイが崩れる。
(イースター島の人が見たらどう思うんだろう。
進行の邪魔と言うことで勝手に世界遺産を破壊してからに。)
これくらいじゃ飽き足らず、攻略本を古本屋で購入。
この位置で連射すれば、弾が当たらないというお得情報を仕入れ、最終ステージまで。
マザーみたいなものと戦う。
子供たちの羨望のまなざしのひと時だった。
もうゲーム自体テレビ画面を見つめ続ける力がないし(酔ってしまう)、
効果音の相乗効果で心拍数も上がってしまうので、もう無理。
もう歳です。
沙羅曼蛇とかいう触手のゲームも不気味で面白かった。
(2作品でした。)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード