職場といろんな派閥

昨日は2人とも母の日のプレゼントをありがとう

長女は今就職活動で忙しそうだ。
今までもそうだけど娘はいつも身の丈に合わない進路を進もうとしては挫折。
今回もしかり、でも何故か「人間万事塞翁が馬」で行く先々でなにかと
大事にされ可愛がられ親身になってあれこれ世話を焼いてもらえている。
いったいどんな才能だ?
これって名付けて「出会い力」と勝手に命名してみる。
だからあんまり就職先に蹴られても何とかなるさ
(まだ2次、3次が残っているものが有るし)であまり神経質にならないようにしている。

父が言ってたことが有る。
県庁に転勤になったときのこと。もう2?年前の話。
女の臨時職員さん達が派閥を作っておしゃべり、仕事は適当。
それに対してしっかり働く子は、反派閥。
多勢に無勢で、もちろんはじかれるから居心地が悪くなって
その内辞めてしまうのだとこぼしていた。
採用時には(派閥に入ってよろしくやって行くタイプかどうか)
わからないことだからどうしようもない。
だからと言って派閥組に入っていないとさっきのような事になる。
上司も手だしの出来ない世界。女社会は多数決の世界。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

職場は、主流派に付いた方が良いと思います。出世を狙うには。
自分ひとりで戦力的に生きる力があれば、反主流の方が、生甲斐はありそうです。経験から。

男の人の1匹狼は自分の意志を通すところで頼もしいしカッコイイです。そんな有能な人がはじかれてしまうのは日本全体の損失だと思います。男性の理性的な部分の強さを発揮して有能な社員の働きやすい職場が増えてってほしいものです。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード