手首のグリグリ

もう10年は共にしただろうか?
で最近2年くらい前に治った。きれいさっぱり

手首に何かぐりぐりが出来た。日増しに大きくなってないかい?
これは何?
内心悪い病気じゃないかとドキドキしながら病院へ。
レントゲンを撮っている時も心なしか手が震えている。
気もそぞろ。
先生に呼ばれ診察室に入る。
先生がレントゲン写真を見ながらこれは「ガン…」えっ?
よく聞こえませんでしたって顔をすると、先生紙を取り出しボールペンで
「ガン…」今度は丁寧版のつもりらしい。
って「ガーン」と来ていたら、「ガングリオン」と続く何
始めて聞いた。
紛らわしいから先生もからかうんだろうか、心臓に悪い。
まだ安心はできないけど。
結節種とかで腫脹した関節部分に袋状のゼリー様の物が溜まる。
殆どが良性だけど腫れた部分に穴があいたり?等の明らかな変化が、稀に悪性化することも。(殆ど無いらしい)
早ければ注射器で吸い取れる。
しばらくすると硬くなって無理みたい。
見てくれが悪いので、手術で取ってしまう人も、若い女性に多い病気。
「若い」、に気を良くしてもちょっぴり痛みは有る。
ズクズクするくらい、殆ど気にならないけど。
タレントのあややこと、松浦亜弥さんにも出来たけど
「ガングリオン」が可愛いのでそのままにしてるなんて言っていた。
なんか わからんでもない。
ところが私、左手の物が小さくなって来たと思いきや何と右手にも。
右手の時など勝手に「ガングリオン」と自己判断して医者にも診せなかった。
そしてこの「ガングリオン」出来た順、左手右手の順に居なくなりました
私は子供に人間年をとれば自然水分が減ってくのだから干からびて治ったんだと悲しい説明をして納得してもらった。
私もついでに若い人に出来るんだから治ったんだ。納得だ、と思った。
でも干からびるって、ちょい太り気味なのに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード