クラス編成

県立高校に通う次女。
進学コースを選んだあたりからどうも悩みを抱え始めた。
希望を聞きとって、考える猶予も与えずそのまま即決となったクラス。

他人にかまわず気楽と思いきや、マイペースなクラスで居心地が悪いのだそう。
派閥も早速、出来あがってる。
このクラス持ち上がりだそうで、来年も同じ顔ぶれの3年生になる予定。
今から気が重いそうな。

うちの子はどちらかと言えばおとなしく真面目でごくごく普通。
思いやりは有る方だし、溶け込めば笑いなんかにも良く反応出来る明るい子だと思う。
授業にはちゃんとついて行ってるから、楽しめない学校がもったいなくて仕方がない。
中学では友人も多く何の問題も無かったのに。


学校の選び間違い?リサーチ不足

将来何になりたいかを考える事より、
どんなタイプの子が主に集まる(学校)クラスなのかを考える事の方が
今後の対策の決め手としては重要な部分なのかもしれない。
将来より今の居心地が大事。
だってそれが原因で「自主退学」すら出るのですから。
現在の担任の先生が親身で熱心なのがせめての救い。

でも次女の通う高校
割と知られていて評判も悪くは無いはず。

はず。



これからは、クラス編成も気を配った方が良い時代。

昔、長女の小学校の女担任に「先生も大変ですね」とねぎらったつもりが
時代は関係ないとヒステリックに抗議してきた先生がいたけど
「今も昔も意地の悪かとは(意地の悪い者は居た)おった~」と叫ばれショックで受話器握ったままフラフラ倒れ込んだ。
そんなに電話口で絶叫してそこ職員室ですよね??と。
子供は人質みたいなもんだし何にしても反論は不利。
今ではとんでもないヒステリー先生だったと笑い話だけど当時はホント腹が立った。

今の日本、子供の性質が個々で違い過ぎるのは一目瞭然。
空気を読みつつ周囲に染まる事が出来なければ孤立する。

私立の学校なんて少子化の上、何も対策しなければもろにダメージにつながります。

後日談、
次女卒業後、この学校に通ってた子のいじめが、大問題になった。
やっぱりね
正直な感想。なんか全てにおいて冷淡な高校だった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード