追跡の果ての巻き添え事故、警察のいつもの決まり文句

「またか…」とため息の出るいつもの警察の決めゼリフ。
「追跡行為に問題は無かった」
今回は愛媛で、一般道ですさまじいとしか言いようのないスピード追跡。
いきなり遭遇したら、巻き添えくったらどうする?

免許更新時、怖いビデオ見せるんです。
事故とか事故死の。
まさにスクラップしたかのような大破した車を。
依然としてと言いますか(これからもこの位置にいたい)短い講習で済みますが

(巻き添え)事故現場を警察が作ってるのではどうしようもない。
ビデオでは「車は走る凶器です」です。標語も耳にたこ。
だからこれがいつも耳に、こだまして。

追跡中の警察は自らが走る凶器になって。

ナンバー控えて無線で緊急配備とかできないの?(追跡中のスピードは守ってほしい)
どこか現行法を変えるべきでは?
人の習性、追われれば逃げる。無視できない習性
こんな事件が起これば暴走車両を見つけても通報も出来ない。
巻き添えで亡くなればと思うと…
巻き添え事故の果て「追跡に問題は無い」繰り返す警察。

事故要員の一員になりたくは無いと言う葛藤と。
もういい加減で通報が悪い事にならない、上手い捕まえ方を考えても良い時期じゃない?

「そこまでしてくれとは、言ってない。」がおおよその意見。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード