ゲゲゲの女房




参道
あまりにサイズ違いですが。

「ゲゲゲの鬼太郎」を子供の頃父の実家でこわごわと、でも怖いもの見たさでよく読んだ。
父の実家は昔の作りで、トイレは敷地の庭に。
あと墓地に近い方角に面した北東に室内トイレの計二か所。
イメージ的にはどちらも便所なんだけど。

裏地なので狭い縁に立って手水鉢(と呼ぶと思ってたが←吊り手洗器と言うらしい)を下から叩く。
叩くとぶら下がった貯め水容器の細い金管から一定の水がシャワー状?になって出る。
ほんのちょっとなので何度か叩いて手を洗う。と言うか面白いので用もないのに叩き過ぎ

そんな場所にいとこの子供部屋も有った。
お盆、ひんやり廊下、薄暗い間取り。まさに相乗効果
子供と言うかほぼ成人に近いのだけど。
歳がかなり離れていることも有って
決して読むことも買う事など無いであろう漫画なんかをパラパラ読みしてた。
「ゲゲゲの鬼太郎」もその一つ。
そんな場所の位置的な印象の後押しも有って強烈な恐怖マンガの印象が有った。
こんなの書いていいの?まさに今日の「ゲゲゲの女房」
のストーリー通り印象は強烈で二手に分かれていた。
特に男の子向き漫画ならばこの印象は当然か。

でもその頃は連載もかなり人気の状況にはなってたころで。
やっぱり怖いもの見たさとあのひんやりした薄暗い部屋の感じが
今でも懐かしさといっしょくたになって
相乗効果でもう一度、漫画と共に感じてみたい空間なのでした。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード