ヤモリアレルギー?

なでしこ
記事との関係は無いですがせめて画像くらいは

子供に起った、事の顛末の一部始終。
 
虫さされで異常に腫れるとか蜂刺されででアナフィキラシーショックとか
(下痢じんましん低血圧症状)とかなら知ってたけれど。

ヤモリがたまに外庭側の窓のレーン付近で餌捕獲の為の待機中。
(ヤモリ「腹減った~虫来ないかな~」みたいな心境?)
こちら側としたらそんな事は知り様も無く
窓を開ける。
レーンの動きで、仕方なく餌捕獲をあきらめ、ヤモちゃんは飛び降りを余儀なくされる


窓を開けようとした人間側にとっては予想外の出来事。
心の準備と言う物がぜんぜん出来て無い。
窓の開け閉めによってのやむを得ずの飛び降りヤモリさんにとてつもない衝撃を受ける。

ポテッ!?        「ギャー!」

左手首上に張り付くように二段落ち。反射的に振り払いヤモちゃんは逃走。

しばしして、特に何ともないのかなと腕を見ると見事なヤモリさんの陰影が!!
あの特徴的足の指先に丸丸丸から曲がったしっぽまでくっきりとまるでゴム版画の様。
再びの       「ギャー!」
ヤモリには毒は無いらしいので安心はしたものの洗面所で必死に腕を洗う。
傍から視てた私はこんな経験、他にも無いものかと検索しまくったが
無かった。
わかったのは昆虫アレルギーと言う物がある事、でもヤモリは昆虫ではない。

ヤモリ」可愛いと思うんだけど異常接近はムリ
歯が無いのに噛んだり鳴くらしいです。可愛いんだか何だか…
母は唯一とかげが嫌いだったわたしは平気で。


…かわいいかも

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード