これも北風と太陽政策

賃貸での生活は室温の変動も一定でなんとか冬場の体重も維持できていた。
なのに、このゴールデンウィークの間で、、太った「せっかく、、」絶句。

デブ菌というものらしい(笑)
デブるデブ菌、憎っくきデブ菌。

世間では、テレビの食レポといい
食べ物の番組がほとんど。
スポンサーが「食」関係ということもあって、みんな食べる食べる。
そしてまた食の誘惑には勝てない人がほとんどということもあって、
目の前にあれば
それは無理というもの。

ここでテレビにとって一石二鳥なことが起こった
まず食べさせてタレントさんを血糖値異常なりの病気にさせる。
タレントさんは知ってか知らでかテレビの目論見通り
食べまくって太る、これでダイエット番組に結びつけるまでは、まだ良かった方で。
今は病気にして血糖値異常とかゾロゾロ

「自己管理能力なし」と罵られ怒られつつ、
改善していく番組もソコソコの視聴率取れるということでしめしめと、
すごく皮肉なことになってる。
それは民間でも同じことで、テレビの受け売り害毒感染者がレストランに行く。
今は、血圧異常、脂質異常、高血糖とかたくさんいるのに、レストランには
高カロリーのメニューばかり、量だって普通盛り、
もしくは「うれしいでしょう?」とこんもりサービスサイズ。

食べ切らないと「お百姓さんに申し訳ない」と育った世代が子をしつけ
また、店主も世間も食品ロスを許さないから客は食べ切ることに専念するし、
結局食べ切っても食べきれなくても罪悪感に苛まれ。
泣きつく)食品業界もう少し工夫して下さい、懇願。
痩せなくちゃでラーメン断ち、焼き鳥断ち、うどん断ち
カレー断ち、寿司断ち、(笑)他にも、してるから専門店に行かなくなってる、
こういう人多いと思う、中には強制的に。
どんどん食べていいんだよと言われる何の根拠もなく
その結果ドクターストップで食べようにも食べられなくなる。

売れるならなんでも売る


コンビニで余ったケーキを販売員に割り当て、、
クリスマスは気が重いらしい
困ったケーキは豚の餌に、肉質が甘くなって美味しくなると
まさしく苦肉の策、それをまた消費者が食べる。

マーガリンやらトランス脂肪酸微量なら大丈夫とか言って作った
パンやらケーキ、結局チリも積もったくらい食べてしまってる。

ケントギルバート著の本を読んだ
反日勢力で有名なテレビ局や人物はみんなハニートラップの犠牲ではなかろうかと
訝る癖がついてしまった。
ものすごく意味のわからないことをごり押しして放送する人ら。
国民を騙せていると思って放送してるからおかしくって仕方がない。

しかし中国が今のままで世界を席巻したら寿命の短い星になることでしょう。
環境を無視、国際感覚を無視 、ただただ拝金主義の
この地球がなんとか秩序を保っていられるのは
経験値の高い日本が小さな声なりに発信を怠らないから、
それは国じゃなく、一般人だったりする。
手先が器用で、誰にも認められず何にもならないかもしれなくても
地道なことをコツコツと続けられるという国民性にあると思う。
根本的に価値観が違ってる、
清掃の大事さや貪らないことを国民の個一人一人の中に
悠久の歴史古くから息づいている
(息づいて無い人もいるけど)憧れるだけでも価値がある。
中国
逆立ちしても真似できないし、価値もわからないこと。

コンビニ

コンビニは昔ほど心ときめかなくなったけれど
敢えて好きなコンビニといえば、ファミマかな
好きなサンクスはこちらにはほとんど無いし。
大型スーパーだった寿屋の産み残しみたいに
エブリーっていうコンビニがあったけれど
大手には敵わなかったようで消えうせてしまいましたし。

変わったお弁当やオリジナルなパンが好きだったのだけど
残念です。
最近のセブンにはマンネリ化が見えてしまって魅力がない。
おでんとかの味付けは好きだけれどラインナップが見飽きたものばかりで。

その点ファミマは甘いものにしても種類が豊富だし
何せお弁当、ほとんどお弁当なんてがっつり系の男性系大食い系
ばかりで食べきれる量のものがほとんどなくて。

その点ファミマは食べきれる量のお弁当が置かれてるし
カウンター前の惣菜系コロッケとかフィッシュフライとか
たくさんあって
セブンみたいに唐揚げ主流でなくラインナップが豊富で、
特にフィッシュフライ(笑)が美味しかったのだけど
最近食べたものでは、オリーブのフォカッチャ、パン
コンビニのパンは何でか美味しそうに感じないけど食べて見たらふわふわで

今は前みたいに海苔の匂いが生臭くなくおにぎりが美味しくなってる
相変わらず中身の具がこれでもかって塩分ブリブリでうんざりなのだけど。
無茶な大盤振る舞いは時に迷惑。

直握りもあったりして海苔が適度に柔らかくなってて良い風味、
カーボン紙じゃありません。
でも、これも握ってあるだけにお米の量がどんだけーって恐ろしくなって
なかなか食べる勇気がないのだけれど、
もう少し小ぶりなおにぎりは作れないものかと。
棚をまじまじと見つめては、おにぎり購入を諦めている。

適量の提案

コンビニ、スーパーなどで廃棄食品の問題。
今回は恵方巻きの大量廃棄。

この恵方巻きの風習、よくわからないけれど
私の子供の頃は、初物を(旬で出回りはじめたもの)食べる時に
吉方位を向いて(ハハハハと四回笑ってから?)食べるとかいうのは聞いたことがあった。

大量廃棄のこと女性が食べきれなくて廃棄するみたいな話
まるで女性が悪いみたいな、口振のテリーさん。

何より弁当の量が多すぎる、特にお米の量が多い。
米を食べきるにはおかずとのバランスも大事。
しかも濃すぎる味だと、お米の存在は味を薄める役割かと思うほど、
これでは、おかずとお米が争う形で食べるほどに増してしまう。
おかずがちょっと余った、「おかわり!」
お茶まで飲んだらもうお腹パンパン。


見た目重視の女性がデブったら人生の死活問題なのだから。
ガッツリ食べさせようとするコンビニ弁当。
食べきりサイズというものがコンビニやレストランにないのは不思議。

特別感でレストランに来てる人が多ければそこで食事を抑えるとか
そういう心理にはなかなかならず、せっかく来たんだから、
とか廃棄したら罰当たりだ、と考え
食べ切っててしまうのが人情。
お店の人も考えて欲しい、レストラン帰り、
食べちゃった、残しちゃったの罪悪感と戦っていることを。
個々の体型、体調に合わせた適量の提案。

酸いも甘いもわかりません


「うまそうなホルモンにゃ」とよだれを拭う夢でも見てるか。
「にゃ」をみてるとなんでだろ、じゃりン子チエの小鉄を思い出してしまう。
ちょっとずんぐり体型だからかな。

美味しいイチゴ大福食べて思った。
甘ーい大福に合わせたもの。
甘酸っぱいイチゴのおかげで後味爽やかだなーって。


イチゴの一番甘いところだけ食べて捨てた、


美味しいと思うセンサーが壊れて?
そして飽食。
そして無礼。

ビタミンCのイチゴ。
イチゴは酸いも甘いも両方合わせて美味しいのであって
「美味しい」には栄養が合わさってたりなんかする。

甘いだけのイチゴはそれなりに使い道があっても
ジャムとかには向かない、
ジャムには酸味も大事だから。

甘いもの=美味しいもの、と言うばかりのグルメ番組。
自分の好きなもの=体に良い、ではないように。

イチゴ自体が本来酸いも甘いも両方持ち合わせている。



続きを読む»

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード