みんな自力で頑張ってる人がほとんど

熊本地震から2年
行政に頼るなとの石坂浩二さんの意見。
うちの場合は解体したと言うことで出た支援金以外は全部自分たちで支出
これは国の空き家対策強化が動機。
みなし仮設さえ入ることができない、1LDKに一般入居
もうすぐ15歳のお犬様がリビング住まいなので窮屈この上ない
そのうち主人は二回ラクナ梗塞で入院
犬と猫が居たため支援金が全く貰えず(結局そう言うこと)
ペット可で6万台の家賃の物件なんてなんて到底見つかるはずがないし、当時
犬猫可物件がほとんど埋まっていてペットをどうするかで相当問題になっていたのに
「家賃は6万まで、びた一文負かりません」って言う行政
被災者の悩みに何一つ応えてなかった。
猫はなんとかボランティアの方たちに預かって貰えて事なきを得たけれど

隣近所で助け合いましたよ、できうる限り
水をあげたり、食べ物も自分たちで調達したものをあげたり。
でも皆さん恐怖心でいっぱいで自分の事で精一杯、心臓バクバクで何かあったら逃げなきゃと
「自分の身は自分で守れ」は自ずとそうなる。
危機意識も被災状況次第で温度差があるから
被災してない人はトンチンカンなことを言ってしまうのは仕方がないけれど
「行政に頼るな」こう言うことを言う人は災害があっても
行政に頼らず果敢に生きていかれるのでしょう。
普通の人なら、ここまで規模を超えた災害はある程度は行政に頼るしかないと思う。
実際行政の支援は元気で若い人達向きの支援ですから。
だから、頼りませんでしたけどね。
「助けられません」と行政に言われましたし。(陳情を断られた)
道路も相変わらずガタガタ、腰痛も悪化、悪路がますます進んだ熊本の道路。

熊本地震支援制度が(手続き等)分かりにくい


今、孤立無援の状況にある一番救うべき人が次々亡くなって、
それもまだ若い50代とか60代とか、関連死をこれ以上増やすのはそれこそ熊本の恥、
支援が行き届いていないには国の補助がどうのというより
県や市の身近な被災者支援の体制にあると思う。


被災者支援制度の分かりにくさにもほどがある。
今回の支援の件住宅支援の方が受けられなかった経緯は、
被災者がこぞって市役所に相談や手続きで押し寄せた日、市役所14階で起こったことの起因による。

どうやらそこには市職員以外の臨時だかなんだか知らないが応援の方々もおられたようで
そう、前回書いたように災害義援金とみなし仮設(住宅支援の)両方は受けられない
と、説明した職員さんは間違った説明をしていたのだった。
気さくな感じの人で話しやすく家賃から換算した住宅支援金の暗算
「選ぶなら災害支援金の方でしょう」
とアドバイス、犬猫の大家さん対応までアドバイスされたのでむしろ良い人
そんな印象を持った人だった。、、(確かに知らないだけで良い人なのだろう)

その時、住宅支援金の方を選んでさえいれば両方出たのだと言うこと。
?両方出るのならアパート組は、漏れなく申し込み書類をもらうはずと思うのだが。
(渡さなかった)機会を無くさせたと言う事実。
(そうは言ってもみなし仮設対応者には違いなく
そう記載されてるとばかり思っていたが確認したところ
残念ながら一般人入居者の記載であった)
とっくに申し込んでおかねばならない期間をすぎていた。

締め切りましたのでと、
相談窓口は(住宅支援課)繰り返すが説明は
本当に宇宙人と話してるかのように分かりにくい、ケムに巻くとはこのこと
解体してるのに「修理費用は、、、」などと言われ??
うちの場合は解体してると何度説明してもまた「修理、、、」
私がもころ語を話すから通じないのかなと(笑)一瞬思った。
どうやら「ケムに巻ける者は巻いてやれ」で
取りこぼしが出るように市役所は動いてると言う、まことしやかな噂も聞いた。

主人もなんだかちっともわからなかったと言っていて
唯一わかったのは「締め切りなので支援は受けられません」、
兎にも角にも締め切ったのでテコでも受けられないと言うことだけだったと話した。

しかもこうして支援を受けることができなかった人が何人かいたと聞き
思わず「かわいそうに」と漏らす。


しってかしらでか、分かりにくさの前に間違った情報を
市の職員が説明するのではもうどうしようもないではないか。
自分達は100歩譲って良いとしても今、←(譲るのは必至)
孤立状態にある体の不自由な方や情報難民
そう言う助けるべき人達が助からない制度はおかしいと思う。
心身ともに健康な人はこれからいくらでも取り返すことができる

そこで、市民の味方であるはずの被災者無料弁護士相談に一縷の望みをかけて電話したが
ここも、静かな方で、、すごく緊張して話しているこちらに対しての
私は緊張すると途端に普段を超えてバカが露呈する(泣)

温度差

シーーーーーーーーん


?
聞いてるのか不安になってくる、
すごく小さな声でポツリポツリ市職員よりは分かるように話してはいただけたが
テレビで見るような熱血漢は全くなく、どうかすると弁護士さんも県や市の味方かと
不安になったくらいだった。

より困った人達ほど支援が受けられないのは改善の余地があるし←私達ではない
、役所が出してるホームページも誰が読んでもわかるように書くべきで
それを記録して欲しいと進言、これが一行くらいで纏められたら
なんの意味もなくなるのだが。

だからこそ熊本には少し強いくらいの議員さんが必要。

市民の味方のはずの市役所

震災後
支援金の手続きや解体の準備にと2016年は大変な年になった。
2017年は主人が脳梗塞で二度も入院するし、これは比較的症状が軽く済んだが
大きな病気には違いない、後遺症も少なからずある。
そんな最中大きな間違いをしでかした、そんな最中であったからだろうが。
解体後の解体費用とみなし仮設の家賃の支援は、両方は受けられないとの説明で
選ぶように言われた、(これは間違いらしい)
その職員さんは解体費用を選ぶ方が二年間の家賃5万として200万に届かないからと、
解体費用の方を取った方がいいとの助言を受けた。
「いくらくらいの家賃のところに住む予定ですか」と聞かれ
簡単に暗算までされたのでよく覚えている。

ぼんやりしてたり大人しくしていたり勘違いしてたらこの県では置いていかれる。
大きな借金を抱えて家を建てるには病気も抱え、無理を重ねて歳も歳なのに

そう、地震後一切県からも自治会からも積極的支援はを受けなかった、
おにぎり一個だっていただいていない、車中泊だったし食べ物も一切自分たちで
むしろ援助側にいたかも、主人の仕事先から帰宅しての調達のみ
それを人にあげたりして。


なぜ県は積極的支援をしないのだろう、助けてと叫ぶ人のみ助けるだけで
自動的にそういうシステムに組み込んでいけばいいのに
浮いた分を自分たちに回すため静かにしているとしか思えない。

ここはいつ電話しても、県民サイドの理解力まで降りて来ない、
老人から子供、挙句は少し認知機能の衰えた人からの電話もあるはずだが
全くわかりやすく説明してくれず
正しい名称で正しく質問しないと小馬鹿にして対応される、昔からそうだ。

泣き寝入りするしか無い県
だから少し強引で県民の味方をする議員さんが邪魔になるのだと思う。

情報化社会ではいつもアンテナを張り巡らせて受信してないと
受信機が壊れたり受け取れなくなった時は
救いはないと言うことのようです。

静かになっていいものなのか

人生一変、この急激な変わりよう、2016年4月以降は未体験の日々

家を求めて、家を考えての日々。
世の中が、まだ先でないと実現は難しいと控えていたことを
「今やれ」と言って引かない。
普段の考えなら絶対にやらないこと、夫婦ともそこは同じ思い。
だいたい大きなローンを抱えたくない。

せめてあと4、5年待って欲しいところを
意外と地震のあった熊本その地で冷淡なことが着々と進んでいて
被災者の優遇措置なんてほとんどなく、
大きな買い物であることには全く違いがない。
しかも建築ラッシュと来てるからまさに大忙しで、
被災者に同情すべき時に
思わず笑みを漏らしたり、
いつも通りの何の支障もない客への対応みたいな商談になったり。

心情に対して置いてきぼりを食らう被災者、
でも、この地震を普通の地震と一緒にしてたら
まさに怠けていたキリギリスになる。
過去にはどうか知らないが近年では今までとは違う
津波こそなかったが前代未聞の地震だったのだから、
熊本をからかうものこそまさに
キリギリス。

災い転じて福となれ

あけましておめでとうございます。

お正月感もあまりない感じで2018年の幕開け。
良い一年になりますように。

年末年始とテレビの前に座ったものの、
まあテレビの面白くないことと言ったらなかった。

テレビの内容が年々だだ下がりで昨年から強制的に
払わされてる結果見させられてる、BSなんかも見たりして。
まあまあ逃げ道としたらこのBS系列でしょうか。

今年の紅白は司会も良かったこともあってチャンネル切り替えても
結構見てて後半は珍しく熱心に見ていた。

ただ何で白組が圧倒的大差で勝ったのか全くわからなかった。
共感で見るテレビから、違和感満載で見るテレビへと変わり。
他山の石のような存在のテレビへと変遷。
BSだっておかしい、クールジャパンランキングとかやってたけれど
司会者「どこが良いの?」の
連発だし、ドッジボールが二位って言うのも、、、褒めてんだかなんだか
日本下げのテレビだったら視聴料払いませんよ、
見させられてると言う料金システムであるからにはこちらも言う権利がある。

BSは熊本の地震のその後を放送しており、長周期パルスの恐ろしさ
これが大都会の超高層ビルで起こったらどうなるかをシュミレーションで再現

免震システムががこれまでの物では全然ダメでついには
揺れたらビルがその間、空中浮揚する
なんてものを研究し、造っていたり←本当に有る。
地震は本当に見えない水面下だから、日本は災害大国として
耐震対策は必須、着々と研究を進めて災害に備える、
備えあれば憂いなしの日本は、災害大国として奇しくも主人公であるから
逆に主要な国として貢献し君臨すれば良い。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード