雑な動きは禁物です

遠い、まだまだなのか

部屋にいると外の気温がわからず
外に出て「ぎゃっ」となるのは以前の家と逆。
外、こんなに暑いの?って。

こんなときは涼しいとこ目指して。

前は、寒いと思って外でたら、あら?暖かいじゃないの
外より寒い家の中

断熱材はやはり省エネを産む、
電気代も以前の三分の一だもの。

土曜の🌃
ちょっと前屈みで膝も折らずに猫砂
専用容器にザラッと入れようとして
腰をグキッ、
背中に薄ーい鉄板貼ったみたいに固まる(笑)
あとはお能のようにすり足で歩く
しばし痛くてどうなることかと、
ベッドにひっくり返ってた、
仰向けが出来てたからまだ良くて
昨日思い出したように
湿布貼って寝たら今朝はもうほぼ普通になってた。
モーラステープすごい。

正しい動作は大事です。
いちいち面倒でもちゃんと
膝を折る、片ひざをつくとか
両手で持つとか
娘が買ってくれた踏み台昇降
ゆらゆらして体幹も鍛えられそう
やはり柔軟性やら筋肉も付けないとね
って思ったのでした。
これから
いろいろなことが良い方向へ向かいますように。

「マツコの知らない世界」のスイカ編も面白かったが
仏像を紹介してた17才←本当に?大人っぽいが半端じゃない僧侶クラス(笑)
相当なインパクトだった。
阿修羅像、個性的仏像連、自分で作ってたものも完成度高っ!
そのまま観てたら
ドラマ 私の家政婦ナギサさんが面白い。

世論もずいぶんだと思う
国の総理が弱ってる時に厳しいこと言うなあって。


愚痴は書きたくないけどありのままを書く、
主人
家での仕事はすべてが仏事、(早く出家して)後はテレビの番人
生活費稼げば偉いの?尋ねたい。
ゴミ出しは用意して置いて有るから
出すだけで曜日など覚えない。だから外面は💮の良くできました。
大工も出来なければ、機械いじりも組み立ても無理。
怒れば二つ返事で(ハイハイ)後はニヤニヤ
これじゃこの先、人生の犠牲的後悔者にしかならない。
奴隷的でも有る、、何のカルマかー叫びたい。

先が見えて来ていれば

田嶋陽子さんの日本人に対しての愛情無しの
ヘイトスピーチどうにかならないか
時期は戦事中ですからね死ぬか生きるかの
その時期の善悪を説いてどうするの?
子孫の立場でそんなに日本を責める?
日本の未だにのこの立場、
戦争に負けたからかと思ってしまう。
言えないでしょう?アメリカには、
勝った強者だからでしょう?言えないのは。
それに最初から(愚かじゃなかったら)正しかったら戦争なんかしないでしょうに。


それともう一人、日韓のどこらへんが似てるんだか
割って入ってまでそんなに自己主張しないし。


新型コロナウイルス
冬から続いたこの開放的になりたい夏の時期に
引き続き気が緩まないよう暮らすのは苦しい気持ちになるのだろうけれど
一度感染したら抗体が出来て終わりなわけではない
しばらく経過したら再び、もありえるのだし
この病気の最終終結はワクチン、
ワクチン開発も日本のみならず見えて来つつあるのだから
我慢の時期もそうそう長引くものでは無いなら
今を堪えるくらいは頑張ってみたらと思う。

経済のために悪く見せないように軽く見る雰囲気があること
そこと協調しない方がいいと思う。
経済を考えつつも優先すべきは感染しないことで
ニワトリが先か卵が先か、になるのだろうけど。
政治界が医療界にしわ寄せを押し付けるみたいに。

上空でなにが起きてるのだろう
異常事態
なにか気流を変える装置みたいなもの灯台のように
設置できないものか、
中国では雲を発生させる?
気象を操作できるようだし。その中国でも洪水被害。
災害の多い日本、なんとか回避して海に降らせるとか
出来ぬものか。結局は海水面上昇には違いないのだけど。

雲を発生させることは出来ても
気流を変えるとか雲の(水蒸気)操作はナイル川規模じゃ難しそう。
でも、空を操る以外には、、
政治が人を良い方向に操れない限り難しいし
コロナでも環境破壊進む

改めて使い捨てマスクは買わない
環境にアタックしない微々たる不買行為だけど。

衣類ゴミが増える原因は衣類のクオリティの低さ
素材、縫製、デザイン、機能性
捨てがたいような良い気に入る服を作ってくれれば捨てないのに。
マスクに高額を払おうとするように、
無いものには惜しみなく。

アメリカにとってでも世界各国でも
フセインさん以上に桁外れに地球に害がある
世界が窮地に陥ってる時点で重罪犯扱いでも余りある。
ヒットラーにも匹敵かその上を行く。

無症状って答えが出てるなら

白人史上主義って全然白くないし(笑)
内面の悪さが政治の足を引っ張ってるってのがわかってない
余りに単純過ぎる

雑感
家の中やること多過ぎてちょっと休憩。
トイレ詰まらせて大変な目に合った、スコップで紙砂を足すつもりが
なにを勘違いしたかトイレに流し
即効で固まる(笑)でも、バケツ、杓、棒、スコップで無事に
どう使ったかはご想像にお任せで
解決しました。溜まってるものが紙砂だけで本当良かった(笑)
おかげで新しい杓を買いに行くはめに

うちのは大きめモップは定期便で
市販のなら定番の平型ワイパーじゃなく
しなる縦型のワイパー、ゴム製で幅は1cmくらいだから
隙間も拭けて便利、もう一個はP&G大判の物。

コロナもなかなか収束へ向かわない大都市
無症状の人が知らずに人に感染させるって事なら
病院が患者で込み合ってない今こそ
全国的にPCR検査をすべきで、ほんとに今こそ
次に備えておく、防御策じゃなく
そしてなぜ無症状で済むのかをゲノム解析とかで調べる、それが
コロナを知る上で一番な気がするけど。

コロナでわかったことNHKアナウンサー近江さん
番組をまとめるのがうまい、
表立つ割合が今ちょうど良い。

人と 
しかと馴染めぬ私にゃお誂え向きな状況か。

お酒の抗体検査も

庭のオリーブに実が成る、まだかわいいのが3粒ほど。
後から後から成りそうだけど。
食べ方は
焼いたり干したりして渋抜きして塩浸けとかお酒に、とか書いてあって
果実酒なら良いけどオリーブのお酒ってちょっとピンと来ない。
どれかは、試してみたいけれど。
後、すくすく育つポポちゃん、これなんて植えてもいない
若芽の赤ちゃんと並んで一緒に育ち(笑)

後アボカドなんかも植えてみたい。

お酒といえば父が酒豪で、でも結局タバコと同じ
しばらくたってドクターストップ、
何やかや心労重なったときさすがにちょっと身体がおかしくなった
父は病院が嫌いだけれど
歳を重ねれば嫌でも病院は近づくものだし医者の言う言葉は大きいしで
ちょっと脅かされたら禁酒に踏み切れました。
臆病なこともたまには良いことある。

それに実家の義母、断じて飲ませない人で
うっすーい焼酎の水割りを毎晩飲ませて、もうこれは拷問。
だって水だか酒だかわからないくらいのを飲まされてくうちに
酒って、こんなにまずかったっけ?ってなって
断酒に成功したのでした。
私はお酒には弱くはないけれど飲んだ後の気分が嫌なので
深酒は全然しない、でも飲み始め酔えば、
止められない脳内になることはわかる。
キッチンドリンカーの人の家に行ったことが有るけど、
悩み抱えてた、(でも皆そうだと思う)安易に手に入るお酒。
お酒ってこんなに問題起こすのにアレルギー検査みたいに
飲んではいけないよ、って人を(量とかも)区別する
酒に対応できる身体かどうかの適性を
せめて常識化したら良いと思う。。
肝臓がまた、沈黙の臓器だなんて、、その前になんか言ってよ。
沈黙のあと硬くなるだなんてナイーブ過ぎる。
痛いよとか、苦しいよ、とか言ってくれないと。


父もここだけは義母の功績なのかな。
本当に酒は飲むので有って、飲まされる、になってはいけない。
説教がましく読めるかも知れないけど昔を思い出すみたいに書いている。
今日の一曲
郷ひろみ「言えないよ」

症例に大差がある疑問


新型コロナウイルスについては
まだ免疫面でもよくわかってないところがあるようで、
研究が待たれるところ。
ただ、今は途中経過であって当然通らなければならない過程であるのだから
巷での感染者をバッシングするのはおかしい、(というか風評被害)
重要な統計としても経緯や病症を記録することができる。
免疫についての調査が確定したなら現場で有益な人となり得る。
いずれ立場逆転(免疫有りで)

なぜ特定の人が重症化に移行するのかと言う医学的な疑問
しかも劇症的。
亡くなった方の血液成分などはどうなんだろうかと
喘息、アレルギーなら好酸球が増える、気管支も浮腫等
新型コロナウイルスだと、
重症化は免疫系のバランスが崩れて好中球が増え
どうにも制御が効かなくなるということみたい
体内に入ってしまったウイルスを薄めるとか
なるべく弱体化させる
方法でも解れば
色んなことに効果はないのだとか言っても
「ある程度までは自前で持ち答えよ」と自己に任された以上
試さぬ事には発見もない。
ただコロナに効くと謳ってはいけないとは思うけど。
だから重症化する前の段階が大事なんだろうから。
素人の詮索だとは思うけどこの現状解決には有効な治療薬か、
ワクチン接種までの生存を測るための忍耐しかないから。
マスク不足でマスクマスクと叫んでたらいつの間にか
マスクが完全な感染防止になると勘違いした人が増えてきて
作るなら医学的根拠あるマスクがいいと思うけど、
、、、過信するからだめか、飛沫だけじゃないし。
ても、花見客?ってくらい公園はごった返していて、(車窓から見た)
逆に危ないと思ったけど。
「自分が感染源かも」で感染防止な行動意識持つのはとても良いと思った。

福岡で暮らす娘は体調も落ち着いたこともあって職探し中でしたが
そのまま休職しとくように言っておいた。
プロフィール

CHAKOMO

Author:CHAKOMO
196○年
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード