名誉出世欲の警察は信用できない

「隠避された北関東連続幼女誘拐殺人事件」本を読んでいる。
警察に対しての不信感が湧き上がってくる内容。

確かに最近の警察は不祥事のオンパレード
ストーカーは見逃す、被害者は数知れず生み出され
はたまた、スピード違反を追い詰めては一緒にカーチェイス
罪なき一般人を巻き添えに。
しかも「警察の仕業に誤りはなかった」といつもいつも、同じ文言の開き直り。

捕まれば捕まったで、作文上手な警察が三文小説を構想練って筋書きし
その通りに供述調書を書き上げる。
「こうに決まってる 」の早合点、違う言葉は吐かせない。
人には「だろう運転」を戒めるくせに、
自分たちは疑わしそうに「だろう?だろう?」と連呼する。

見えない事を良い事に
おどすは怒鳴り散らすはで、恐怖に陥れて吐かせたりする。

警察にこそ監視カメラを設置してほしい。
取り調べの可視化、
そして警察官のお手柄表彰による出世をさせないでほしい。
騒がれて、ついつい浮かれたら後々「間違って」たなんて言えるわけがない。

出世のため無実の人を捕まえて、、
出世の道具にされてしまう。

まだ途中までしか読んでないが
犯人が浮上してるのにつかまっていないところを見れば
読後感がわかるというもの、恐ろしい冤罪、
どのように陥れられていくのか克明に書かれている。

でも、犯人よりも罪深きが、
一部にいる出世欲やら自尊心の塊による警察だなんて、絶句。

昔、警察の嫌な一場面を見た事があった、財布をもたせた子供が財布を落としたのだ、
持たせたことがいけなかったので子供をきつく叱ることはなかったが。

財布の置き忘れなどすぐに気がつくというのもあったし
ほとんど今まで生きてきて、全部が戻ってきていた、さすが日本。

その件のときだけは迅速だったにもかかわらず見つからず。
諦めていた。

ある日、警察から「財布が見つかった」と連絡が入った。
現金とナンバーズは抜き取られ、カードや免許証だけ残っているという。
「拾い主にお礼を」と、いわれたので電話を入れたのだが
経緯とやらが全然わからない。
当時財布は(夢マート)というスーパーで落としたのに
何故か拾い主は(タニダ)というスーパーで拾ったのだという、
私はそこへは行ったことがなかったのだ。
財布が何故スーパーからスーパーへと移動したのかと、不思議だった。

警察署に行くと廊下から自分の所有していた懐かしの財布が見え、
それを扱う婦警さんが見えた。
今まさに私の財布の中のポイントカードやら何やらをトランプのように手に持って
一枚一枚を吟味しているところだった、傍目に興味本位のように見えた。
もう連絡があって随分経つのに普通なら連絡済の袋にでも入れて
しかるべき場所に保管すべきではないのか、、私がいつ現れるか、知れないのに。
未だに見ている。
警察特有の探りを入れることが癖になっている?
薄気味悪く思った
当然、現金全部を抜き取られていることにはおざなりなりにも
一切何のお悔みもなかった。

マスコミによる言論統制

マスコミは矛盾した事をしている。
言論統制という行為を
軍事国家に有り勝ちな政府がやる言論統制には大反対しておいて
自分たちは良いというのか
今日も、早稲田実業のエースの大活躍を
MC2人揃って「みんなこの人を見に来たんだ」と断言。
そんなわけない
他の選手たちに対して失礼な話と思ったけど。
こんなの日常茶飯事、挙げ連ねてたらきりがないくらい失言する
テレビの出演者もまた相当に影響力ある人達なんだから
気をつけて発言してもらわないと。

言論統制
マスコミがやるか、政府がやるかの違いなだけで。
マスコミなんて細かく見極めないで適当なさじ加減で判定するだろうから
好きか、嫌いか、敵か、味方か、マスコミサイドの忖度やら好感度だけで決める、
今までもそうだった。

ベッキーさんがまさにそうでLINEでしか知り得ないネタを元に
芸能界から消されそうな勢い、
LINEなんてトイレと同じ、
人が見てないと思うから
思い切った(HE)もとい、過激で面白おかしな文言を書く物なのに。


マスコミによる言論統制が始まりつつある。

あれと同じ事言ってたマスコミ

人の揚げ足をとるのっていじめっ子がよくやってること。
今回ばかりは二階さんの意見と同意見。
もうお忘れかもしれないが、このたびの熊本地震被災地でさえ
そのような発言は何度か聞いていた。
これが大都市東京だったら、散々言ってたマスコミ。
もう、熊本の心配をよそに早くも東京の心配。
スタッフが書いた、怪しいお米セシウムさんとか、フジも放送してた。
安藤さんも難病の患者さんたちの事を忘れ
安部首相だからって笑っていいと判断して揶揄してたし、
この人達はなに言っても立場なんて全然揺らがない。

小倉さんも変な事言ってる「一行でも言ってはいけない言葉」がある
と、言論統制してる。
そうじゃなくて、一行だけ切り取ると伝わり方がおかしくなるという事。

マスコミ関係者は、晒し者にはしないようで。

当然こんな調子だからマスコミは東北の時も言っていたんじゃないかな。

極論言えばそういう事になるってこと?
単に「東北」って言葉使わないで「これが東京だったら」と言ってたら許されてたのかな?
言葉って定型句がスルスル出てくると自分で言っててもあれ?時すでに遅しで、
失言してるものではないのかな。
微妙なニュアンスって物が要らないって事?
極端に言えばそうなるんだよ💢。。。。怒られた
ならばもう後からでも気を使って喋っても無駄なんだ。
熊本地震だってあれが昼間だったらどれだけ被害者が出た事かって言ってしまうけど
人数ではなく、時間帯で亡くなる人達が変わっていたとなると繊細な問題から禁句なわけでしょ?

もう、いろいろ聞かないでって言いたくなるでしょう、
オフレコだろうと気も張ってないと、壁に耳あり障子に目あり←これがマスコミ。

取材されて記事にされたら微妙なニュアンスの違いのせいで
間違った伝え方とかよくするのがマスコミ。
そんな事言ってないって泣き寝入りするだけ。
逆に恐ろしいと思う、テレビや新聞って
敵とみなすと、陥れるためあの手この手。

失言しそうな人見つけて張り付く。
次は誰に張り付くんだろう。
自分たちのはスルーするから目立ってないだけでこれに目くじら立ててるのは
自分は失言しないって思い込んでるからでは?

外交もペコペコ、マスコミの御機嫌も取りつつ頼りない政府。

TBSが一番失言が多いと思うのだけど

失言でいちいち辞任、そんなつもりで言ったんじゃないと弁明しても無駄で。
そもそも
東北で良かったなんて言ってないと思われるが、
(前後の文から)日本も読解力が落ちた物だ
実際日本語がよくわからないのかもしれません、マスコミは。
まあ、自民党の(首相)快進撃を多分自分の力と勘違いしてこれまた酒の席で
調子に乗って刷り込み完了。
その気分で記者会見するからタガが外れたような発言をしてしまう。
こんな物、なくなる訳がない怒った人たちの反撃文言だって失言だらけ。
「はいクビー」とかブラック企業の社長さんみたい。
日本人は多少喋れば失言する物で、失言無しで終始することは不可能。

生まれてこのかた、黙って聞いててどんだけ傷付いたことか。
そしてトランプさんなんて何回辞任したら済むんだろう?
失言でのし上がった国があるとは、アメリカとはなんておおらかな国柄か。
日本とアメリカの違い振り幅大きすぎる。
日本の十八番マスコミもここは表現の自由とは言わないみたいで。

もう暴露大会とか人の揚げ足取る番組の多さにうんざりしている。

情報漏洩がとめどなく

今、濱嘉之の
警視庁情報官ハニートラップを読んでいる
元警視庁任務の方だから説得力がある、


日本人でハニートラップに引っかかる政治家、要人達の数々。
国を挙げて日本人を罠に嵌める、極秘の政治的内容やら特許物の情報漏洩
中には日本人が日本人を罠に嵌める手助けまで。
芸能人だってよく引っかかっていて蔓延しているという感じ。

他国では日本人がすけべで簡単に引っかかるから
すけべは日本人の代名詞にまでなってる。
「ワカイノイルヨ、ビジンガイルヨ」この呪文がそのまんま
今の日本人の女性への評価。
オマケにお酒天国だからころっと騙される。

しかも「俺は幼児にしか興味がない」と公言してはばからない恥知らず
噴飯物というか節操無しの犯罪者が日々湧いて出る。
そりゃ日本人が罠に嵌めやすいはずで、
中国などにバカにされてることも気にしないようで、唖然呆然。
何かと言えば表現の自由とか言うけれど
常軌を逸した、とんでも事件を起こすのはいつも日本。
規制が多いとか言って文句を言うが、
マナーを破ることも表現の自由?そういう発想が常にあるような気がする。
そしてまたあり得ないような
普通は常識としてやらないようなことをやってしまうから規制をしないといけなくなる。

でも中国の神仏軽視の日本への狼藉、必ずバチが当たるから。
そしてあの国も、そろそろ、
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半








人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード