日本の選手は、抗議しないことが世界中に知れ渡ってる

最近なら、ボクシング
そして、卓球、構える前から打つとか。
どう考えても、ずるい事をしてでも勝とうとしてる対戦相手が居る。
日本には変な美意識がある、どんなことがあっても審判に抗議しないという。

これをあっぱれとか言って褒めてしまうからなくならない、
それどころか横行している。
よく言われるのが
泥棒する方はもちろん悪いけれど、そういう機会を提供する方も
(貴重品やら現金を置きっぱにする方も)悪いとかは常識になってるのに。

事スポーツに限って日本人は審判の明らかな判定ミスや、
故意にやった事に対して
全く、抗議しない。

これでは、悪い事を見逃すだけだし、
勝つ事にだけ必死な国は、日本なら許してくれるって思わせ、
醜い試合をたくさん蔓延らせる事にもなりかねない。
日本は、意見しないで黙って耐え忍ぶなんて「おしん」を地で行く
国民になってはいけないと思う。
ズルを、助長させるだけ、武士は食わねど高楊枝なんてただのやせ我慢
ご飯食べてたこちらは噴飯物。
カメさんのうんどうかいみたいなことが世界中で起こっていて
流行ってる?ちょっとばかしおかしかった。
いい歳して簡単な事が出来てないんだなあって。

新品でも凄い勢いで


ちょっと前まで悩んでいた
洗っても洗っても匂う犬のこと。
何気に気になっていて買ったヒノキのスプレー
犬独特の匂いはこのヒノキの消臭スプレーで解決した、
座布団やら敷物にシュッシュ。
犬の匂いとヒノキの匂いの、匂いのトーンというか波長のようなものが
近いから消えたのではないかなと思うのだが、結構何の匂いでも消す。

消臭といえば、洗濯することが「まず」一番と思うのに
CMでは悪臭の根本自体に
消臭剤をザブザブかけて、匂って「ああーいい匂い」とか言ってるけど、
気のせいじゃないかなと、思うのだ。

うちでは一度も解決したことがないうえ、不自然な気がしてやめてしまった
あれに出てるタレントさんが、
逆な意味でギャップ、自然を愛する人だと思ってたのに、って。
環境破壊
そういえばアメリカの大統領、あそこまで⚪️ホとは、
もうアメリカはリーダーではない、それくらい落ちぶれて、
ミサイル防衛だって
アメリカ逸らしの一考のような気がする、その分逆に日本の方が危険に晒され。

もとい、ヒノキのスプレーは自然由来だし、
何よりその消臭効果がちゃんとあって
狭いアパートでの犬との同居が苦痛でなくなった。
匂いに鈍感な主人さえ匂いが消えたと喜んでいる。

それよりも何よりも今まさに旬の、エアコンの酸っぱい匂いが気になる
この匂いって
新品の製品でもすぐこの匂いがすぐ。
しかも匂うときと匂わないときとがある、全然匂わない時が暫く続く。
確かめてみた、もしかして、自分だけ匂いを感じてるのかと
否、部屋に入るなり「酸っぱ!」って言われた。

検索したらカビの匂いって言うのだけれど、
新品で?
匂ったり匂わなかったりするのか?
果たしてカビの匂いってどういう作用で酸っぱい匂いに変換されるの?
普通カビの匂いって酸っぱい匂いというより
ムンとした重たい匂いがするが。

「エアコンは、すぐカビるんです」なんて言われたらうちにあった最後のダイキン
全然カビ臭くならなかった機種はどういった特殊なものだったのだろう?
あの除湿機必須の湿度80は当たり前の住まいで。

今のアパートはその逆で冬場は加湿器必須、水が気になるので2日に一回は
容器の洗浄。
加湿器回してるからって、蒸気に混ざってカビばらまいたら命に関わる。

すぐカビるって言われたんじゃ、エアコン自体改良の余地がある。
そうでないといくらやってもカビ臭いのが当たり前と言われてしまう。
エアコン洗浄業者大忙し。

二宮金次郎より凄い

朝日も節操がない、
日本的でないのだから仕方ないか。
官僚をあんなに攻撃してたくせに。
妙にあげ奉って元官僚をスタジオに呼んで「お話伺わせてくださーい」❤️って感じ。

出て来る方も方もだが、呼ぶ方も呼ぶ方。


カーチェイスの果ての
民間人巻き込み死亡に「警察の追跡に問題はなかった」
繰り返す文言みたいに自民党政府も「ミサイル発射を許しません…」
これぞ、暖簾に腕押し、ぬかに釘、北がこんな文言を気にするわけがない

見解の相違、
北は核兵器を持つことでアメリカと軍事力を同等にしよう
これは譲れない。と、思ってるし。
この考えは日本の中にだってある考えで
外交が上手くいってなければ
アメリカだけじゃない、ロシア、中国等の脅威もある。
日本だって防衛のためにも核を持つことによる抑止を
の意見はある。
それを将軍一人で決定出来る土壌があったから実行してるに過ぎず。

この考えが他国からやいのやいの言われたからといって変わるわけがない。
考えがなければ、後一歩ふみ込んだ事態がなければ動かないだろうことは
周知の事実。
日本の事態を「切羽詰まる」はたまた双方睨み合い、っていうのではなかろうか。

二極化とか言われてるけど区分は不明瞭な上に
どこまでいっても右往左往してるに違いない。

中学生のカバンが重い
昔からそうでした。
二宮金次郎が蒔を背負って本を読む、どころじゃない。
現代人の方がすごい、米俵背負って毎日登校してるのだから。

以前、娘の学生時代カバンを持ってあげようとしたが凄かった。
腰が良くない私には到底無理なのに
気分が悪くて早退する娘を見守る保険医の手前
無理して持って、三歩すすんで…
鉄アレイが何個も入っているようなもので
教育委員会も教師達も子供時期から重いもの背負わせて
肝心要の日本人の腰をダメにしようと考えてるとしか思えない。

石川啄木の
戯れに母を背負いて余りの軽きに泣きて三歩歩めず。
ならぬ
他人の目気にして代わり娘の鞄持つ
その余りの重きに角を曲がってそっと床に、一休む。

騙す者はずるい者

自民党も最近調子に乗りすぎ、隠してた内実がボロボロ。
女性なんて活躍させる気ないし
少子化食い止める気もさらさらない。
でも、野党が躍起になって自民党を引きずり降ろすなんてことは
やめてほしい、そんなせこい政党絶対に選ばないから。
しかも前回で懲り懲りした、恐怖だった。(選ばなかったけど)
自民党が選べないなら選挙に行かないだけ。


男の人の家事手伝いが取り上げられてたけれど
うちのなんて家事は一切しない。

唯一お風呂洗わせたら洗い場は水浸し
(洗い場はお風呂に入った後洗うのは通告済み)
なので、浴槽に干す時に靴下で入ったら最悪、
常に乾燥してるから感動してたのに
で、文句を言うと
「洗ってやったのに文句言われるなんておかしい」とか言う。

洗ってやって?
入った日に限ってお風呂の残り湯を見ると、
どうすればこんなに汚れるのってくらい湯船が汚くなるのに、
洗ってもらっても余りある。

男の魂胆、
まず下手に手伝うのだ、とにかく褒められるように上手くはやらない
下手にやることによって
「もう、二度としなくていい💢」キレられるのが目的なのだから
内心「しめしめ」と思うのだろう。

世間を見回して上手いなと思うのが男の人の女の扱い方だ。
まるで日本は男尊女卑なんかじゃないみたいに、世間に吹聴する。
インタビューなどでも「うちのカミさんは怖い」
顔をしかめつつ半笑いで大抵はこんなことを言う。
こんな狭い空間での上位扱いでまんまと騙されてしまう。

そして女の扱いで振るっているのが
身近な人間には相当に褒めちぎるということ
料理が上手いとか、なんちゃらかんちゃら
殊勝な顔をして言う、世間での使い分けが上手いのだ
家庭での実績は褒めても
お仕事なんかで、
世間に出てもらっては自分のお世話係がいなくなるのを懸念しての狼藉
内実、右のものを左にもしない、歩いて台所に来るのに
洗い物は置いて、いつも手ぶらで来る。

道の駅で買ったフキ、ウド、タラの芽、ふきのとう、たけのこ
自分の好きなもにはとんでもない量を買い込んでくる
この類の下処理やら調理が高等を要する、首っ引きでwebサイト。

今はアパートだから二階に上がるのが常、買い出しの荷物が
すごく重いと言うことだって話しても話しても理解せず。
ただ、外では率先して荷物を持とうとする
だから優しい、で通っている。

世間的にどうよ、上手く立ち回ってるなあと思うではないか、
世間の男の人がたいていがこんな感じではないのかと、
「まだ良い方だよ」とか聞くと
日本の女性の地位が先進国の中でも世界的に低い位置にあるのがよくわかる、
こちらなんて甲斐甲斐しくしないと女でも白目むく人がいるくらいなのだから。

家の中で女たちが喧しくなるのは男の人が家庭的にないから
威張りようがないわけで、叱られてる始末。(気にしてない)
これに甲斐甲斐しく付き合う女はだらしない男を製造するだけ。
うちは甲斐甲斐しくはないけれど、
製造するもなにもすでに出来上がってしまってる。






世の中ヒーロー不在なうえに対峙する悪役だらけ

まあ、何気なくNHKのおとなの基礎英語見てた。
したらば丸メガネの女の子が(現代の)日本人の代表のように振る舞ってる。

シェアハウスに呼ばれアメリカ人との共同生活が始まるシーン

この日本人の子は初めからまるで人のうちに来たと言う緊張感がない。
部屋中に洗濯物を干して「なんの儀式」かと叱られ。
トイレとバスが一体になってる浴槽にいつまでも浸かってはトイレを我慢させる
日本でだって御法度の
冷蔵庫内の他人のネーム入り食品を勝手に使う、食べるなど。
最初なんぞ、部屋に上がるなら、靴を脱いでって言われてた。
いつからアメリカは日本式になった?
挙句プリーズ、プリーズを連発する不快感、謝ったら負けな国ですよそこは。

郷に入れば郷に従えそれはわかる、
これが、日本人なら相手に恥をかかさぬように初めに注意事項を告げる、
初めに説明がないのは呼んだアメリカ側の不親切

何せ、謝り方が頂けない。

スタジオの言い分によれば「正座で」とか言ってたが
あれはまさしく土下座である。
なんで日本人がよりによってアメリカで土下座なんぞしよるのか。
しかも強調する為、ソファーに座ったアメリカ人は相当大きい体格(BIG)なのもさることながら
カメラのアングルが相当に上から目線。
日本人は小さく小さく、ありん子同等、地べた目線。

人種の坩堝、国際色豊かなご時世、NHKはこのドラマを撮りつつ溜飲を下げてる
二世三世でも居るのかという作り、韓国人に対する日本人のよう。
土下座なんぞするものじゃないあれは細かなきびのわかる日本人同士でするものであり
今や、笑いのネタでしか使えない。
他国ですればやった方にしこりしか残さない代物

米原万里の「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」って本を読んだのだけど

作者本人も共産党員の父の影響下から共産圏の学校へ通い
大人になってからの三人のともだちの行方を追っての物語
客観的に描かれて悲喜こもごもではあるがとても面白く読めた。
少なくともいじめの観点から見たら日本より
その当時はプラハの学校の方がまだ救われると思いつつ、
それぞれの共産圏から来た子供達が自国を説明する際でも、
どの子の発表を聞いても自国への愛国心の強さがあるという点で「ああ、やはりそうなのか」
と、思った。

内容によれば、抑制が効かないリーダーや
贅沢の限りを尽くすトップたちの暴走、
欲望有る限り(人間である限り)
決してうまく行く理想的でない政治思想ということがわかるし、
最後は結局行きずまりうやむやに存在、現在に至っている。
その生まれつきの運命のような政党主義主張の中で育って行く
三人の魅力ある友人たちがそれに巻き込まれながらも
波乱に満ちてはいるものの活き活きと描かれている。

世界に散らばる抑制の効かない国々のリーダーたちが
日本の昔のヒーローアニメの悪の組織のリーダーに見えて仕方がない。
ミサイル発射をまるで花火の打ち上げのように微笑んで見ているとか、
死後の世界を歪曲しそれを信じた爆破テロの犯人たち。
よくよく考えたら普通は笑えない、自殺行為でしかないのだから。
大気圏は世界中仕切りのないお庭、
ミサイル発射は世界の歯車を部分部分破壊するようなもの、いつかは壊れる。
国々は分かれてるけれどそれは人がしたことであって
もともと一個。


プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半








人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード